フィリピン基本情報

フィリピンを旅行・留学する上で知っておきたい基本情報をまとめてみた。
一度目を通しておけば、フィリピンのことがある程度分かるかも?

フィリピン基本情報

日本から4時間程のフライトで行くことのできるフィリピン。

セブ島は観光地として世界中から観光客が来ている。

近年は、語学留学が盛んになってきたことにより日本、特に韓国からくる若者が多い。

ところで、フィリピンというと「セブ島」のイメージしか持っていない人は多いのではないだろうか(セブ島がフィリピンにあるって知ってた?w)

そんな情報があまり知られていないフィリピンを知ってもらうために、ここに基本情報をまとめてみた。

是非、ちょっと見てみてフィリピンのことを少しでも知っていってもらいたい。

正式名称

フィリピン共和国(Republic of the Philippines)

スペインの皇太子であったフェリペ二世の名前がもととなっている。

国旗

1
白は友愛と平等を、
青は平和、真実そして正義を、
赤は愛国心と勇気をそれぞれ表しています。

→フィリピン国旗の意味

国歌

最愛の地(Lupang Hinirang)

Lupang Hinirang (The Philippine National Anthem) and Philippine Flag
Bayang magiliw Perlas ng silanganan Alab ng puso Sa dibdib mo'y buhay Lupang Hinirang Duyan ka nang magiting Sa manlulupig Di ka pasisiil Sa Dagat at bundok sa simoy At sa langit mo'y bughaw May dilag ang tula At awit sa paglayang minamahal Ang kislap ng watawat mo'y tagumpay na nagniningning Ang bituin at araw niya'y kailanpama'y di magdidilim Lupa ng araw ng luwalhati't pagsinta Buhay ay langit sa piling mo Aming ligaya nang pag May mang-aapi Ang mamatay ng dahil sayo

Lupang Hinirang (The Philippine National Anthem) and Philippine Flag

スペインからの独立宣言前日にエギナルド将軍から依頼されたジュリアン・フェリペが作曲した曲が採用される。

その後、もともとスペイン語であった歌詞は、英語を経て、現在のフィリピン語となった。

→フィリピン国歌の歴史(別サイト)

首都

メトロ・マニラ。

ルソン島に位置している。

面積

約30万km。

日本の8割ほどである。

7109の島があるが、人が住んでいるのはその内の2000ほど。

人口

約9,234万人(2010年国勢調査時)

2014年7月にはフィリピンの人口委員会により、人口が1億人を超えたと発表された。

2028年には日本の人口を上回ると予想されている。

民族と言語

マレー系95%、中国系1.5%、そのほか3.5%。

フィリピンは数多くの民族を有する多民族国家である。

言語の数も170あるとするという説もある。

タガログ語と英語が公用語があり、地域によってはスペイン統治時代の影響から、スペイン語を話せる人達もいる。

→フィリピンで話されている言語って何?英語?タガログ語?

宗教

キリスト教93%(うちカトリック83%)、イスラム教5%、その他2%

アジア唯一のキリスト教国。

南部のミンダナオ島の一部はイスラム教徒が多数を占める地域あり。

イスラム国家としての独立運動も行われており、テロ事件も起きている。

日本との時差

UTC+8

日本よりかも1時間遅い。

日本が6時の時、フィリピンは5時。

通貨

フィリピンペソ(補助通貨としてセンタボ)。

紙幣はP20,50,100,200,500,1000がある。

硬貨はP1,5,10(センタボ:1,5,10,25,50)

タクシーや小さなお店だと細かいお金を持っていないことが多いので、大きい店でくずしておくようにしておこう。

→フィリピン旅行・留学の持ち物&必需品厳選13選

ビザ

日本人であれば、入国から30日間は特別な申請なしで滞在することが可能。

30日以上の滞在は観光ビザを取得する必要があるため、イミグレーションに申請しに行く必要がある。

BUREAU OF IMMIGRATION(英語サイト)

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • はじめましてこんにちは。

    海外情報メディアBoundtoBoundの山田と申します。

    BoundtoBoundは海外経験の豊富な起業家・個人事業主・ボランティアスタッフ数名の有志により利益を第一目的としない、リアルな海外経験を日本の方々に発信する「海外情報メディア」として活動しております。

    実は私自身過去にフィリピンに7年程在住した経験が御座いまして、ブログを拝見させていただきました結果、現地の情報を読み手にとって非常に分かりやすく親しみのある記事を書かれていると思いました。私個人の見解ではありますが、フィリピンの現地の環境や実際の暮らしぶりなどの情報はメディアやネット環境が発展してなお枯渇していると思っております。

    そのような中で、今後日本からフィリピンに門出する方々に少しでも参考になるような在住経験がある方の体験談やライフワークを元にした記事を世界各国の方々から募集をしております。突然のお願いになってしまい恐縮ですが、BoundtoBoundを通じてフィリピンに関する海外情報を発信していただけないでしょうか。

    具体的なお願いと致しましては

    ▪️まだサイトに公開されていないオリジナルの記事の投稿
    ▪️ブログにアップされている記事の寄稿

    また、当団体では、リアルな海外情報を発信しているブロガーの方の支援をさせて頂きたいと思い、御協力してくださる方の運営しているブログを、当サイト内でご紹介出来るシステムとなっております。

    これまで、Boundtoboundを通して情報を発信していただいた方々からも、ブログへの閲覧者が増えたと御好評いただいておりますので、御協力いただける場合は是非ご利用下さい。

    まだ生まれたばかりのサイトですが、エンジニア、ライター、SNSマーケティングの専門家等のご支援や、多くの団体との連携が予定されており日本最大の海外情報発信メディアを目指し成長を続けていますので、永く良い関係を築くことが出来れば幸いです。

    ご興味を持っていただけた場合、下記URLの連絡フォームより御連絡ください。
    http://boundtobound.net/contribute/

    どうかご検討お願い致します。

    BoundtoBound
    山田

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA