フィリピン留学で結果を残したいなら留学前に絶対やっておくべき勉強方

フィリピン留学を成功させるコツは「事前学習」にあります。

事前学習なしでフィリピンに渡ったとしても、結果が出るまで時間がかかってしまいます。

なので今回は留学する前にやっておくべきことを挙げてみました!

以下の事をやってフィリピン留学を実のあるものにしましょう!

留学中に英語力を伸ばすためには?

留学中に英語を伸ばす人の特徴の一つに「英語を話しまくる」ことが挙げられます。

しかし、フィリピンでは一般的に話されている言葉はタガログ語やビサヤ語などの現地の言葉です。

→フィリピンで話されている言語って何?

そのため母国語が英語の国に留学するのに比べると、英語を街中で聞くことは少ないです(特に日本人が多い学校に留学したらなおさら)。

なので留学中には自ら率先して英語を使っていく必要があります。

ただ、英語のド素人がフィリピン来て急に「英語話しまくれよ!」と言われても無理がありますよね?

1か月間などの短期留学であると、やっと英語を話しまくる「土台」ができてきたころに帰ることになってしまい、非常にもったいないと思います。

なので事前に土台をしっかり作っておきましょう!

※ちなみに語学学校の広告なりで「英語が全く話せなかったけど3ヶ月ですらすらに」なんてのもありますが、あんなのは基本的に誇張です。実際にあったとしても、英語の基礎がかなりできている人か、本当に朝から晩までひたすら勉強した人くらいです。

土台を作っておく必要性

フィリピンに来る前に「英語を話すための土台」を組み立てておけば、留学しょっぱなから全力で英語を話しまくることができ、効率的な学習ができます。

英語を話しまくる、っていっても拙い英語でいいんです!

とにかく英語を話しまくることが必要です!

拙くてもいいって言っても、単語をくっつけるだけとかじゃ正直全然ダメです(良いって言ったりダメって言ったりでごめんなさい。。。)。

時間は5分とか10分とか全然かけていいので「考えれば言いたいことはちょっとは英語にできる」レベルにしておいてください。

そのためにはある程度の基礎は必要ですよね?

各留学エージェントは収入を得るために、土台ができていない人に対しても「1か月でも英語ある程度は話せるようになりますよ」なんて言って留学させちゃいますが、はっきり言って英語話せるようになりません。

語学学校で働いていた僕が言うんですから間違いないです!

本人が「成長したかな?」と思っていても、はたから見ると正直ほとんど変化してない場合が多いです!

土台ができていない人はフィリピンきても、そこまで成長することなく帰ることになるでしょう。

じゃあ何すればいいんだよ!?

-shared-img-thumb-freee151108088447_TP_V
怒らないでくださいw

これから本題に入っていきますので!

それに難しいことをやっていって欲しいのではなく、本当に基礎的なことをやっておけば結果が出るフィリピン留学になります!

なのでこれから留学前にやっていって欲しいことを挙げていくので、本当にこれだけはちゃんとやっていってくださいね。

留学前にやるべきこと

以下に挙げる5つのことをやっておけば、1か月ほどの短期留学でも実りのあるフィリピン留学にすることができます!

これらを既にある程度できている人は後は話しまくるだけです。結果はでます。

逆にできていない人はちゃんとできるようになってから留学しましょう。

留学代が無駄になります。

じゃあいきますよ!できているか確認しながらいきましょう!

➀基礎的な文法力がある

どうですか?皆さんは文法力ありますか?

ここでいう「基礎」の範囲はどこまでだと思いますか?

中学生レベル?高校生レベル?受験生レベル?

中学生レベルで十分です!

簡単ですよね?

英語忘れちゃっている人も、ちょっと復習すれば思い出せますし、中学生レベルの英語力がない人でもここまでなら短期間でマスターできます。

このレベルの文法書でいうとこれがおススメです。

これができていればこのステージはクリアです!

ちなみにこれは僕のおすすめの文法書です!

初心者から中級者(大学受験レベル)まで誰が読んでも新しい発見・学びがあると思います。

くもんの中学英文法をマスターして、余裕があったらやってみてください。

➁基礎的な単語力がある

これも中学生レベルの単語さえしっかりマスターしとけばなんとか「話しまくれる土台」はクリアしてます。

単語は知らなければ簡単なものに言い換えちゃえばいいんです。

例えば「著者」という英単語を知らなくても「The writer of a book」とかって言い換えれますよね?

この言い換えは初めの方は難しいですが、英語を話しまくるうちに慣れてくるので安心してください。

でも単語は知っていれば知っているほど言い換える必要がなくなり、考えていることを直接言えるので便利ですよ。

時間があればなるべく多くの単語を勉強しておきましょう。

おすすめ単語集はこれです。

できればDUOを、やって欲しいのですが最低キクタンの中学英単語でも大丈夫です。

➂基礎的な文法力・単語力を自分のものにする

「この本は私が書きました」はい、英訳してください!!

「I wrote this book」ですね。

これが考えることなしに瞬時にでてくるようになればもうこっちのもんです!

あとは色んなことを話しまくっていくうちに少しづつ難しい文章も言えるようになっていくでしょう。

この方法は「瞬間英作文」と言われていて、僕もとてもお世話になった勉強法です。

瞬間英作文用の参考書があるので、最低でも1冊はこなしておいてください。

留学しょっぱなから、英語を話しまくる!っていうスタートダッシュがかませます。

➂英語を話すことに対する抵抗感をなくしておく

僕の場合フィリピンで働く前までに➀~➂はある程度できている状態でした。

しかし、この「英語を話すことに対する抵抗感をなくしておく」ことまではやっていませんでした(後悔しています。。。)。

ちなみに僕は、フィリピンに来る前までは外人と話したことは皆無でした。

そのためフィリピンにきていきなりフィリピン人を前にして緊張しちゃってたんですね。

それに「僕の英語で伝わるのかな?」という感じで英語を話すことにかなり抵抗がありました。

つまり、「拙い英語でもとりあえず話しまくる」ことができなかったんです。

伝わってるかどうかもわかんないですし、外人と話すのなんて緊張しちゃいますし。

皆さんも僕の気持ちわかってくれますよね??(わかってよw!!)

なので僕は慣れるまでの1か月間は「英語を話して上達するため」ではなくて「英語を話すのに慣れるため」に使ってしまいました。

 

これもったいないですよ。

普通の人だったら20万円くらい払ってきてるのに「英語を上達させるため」じゃなくて「上達させるために英語に対する抵抗感をなくすため」に、その1か月間使っちゃってるんですもん。

なので事前に英語を話すことへの抵抗感をある程度失くしといた方が良いです。

今は便利な世の中になっていてオンライン英会話で世界各国の英会話講師の授業を受けることができます。

 

まぁ僕はフィリピンに行ってからレアジョブを会社から「受けろ!」と言われて無理矢理受けさせられたんですが、良かったですよ!

体験レッスンが無料で2回受けることができるので、とりあえず試してみてください。

ここで「緊張するしめんどくさいしやだなー」なんて思っているやつは僕みたいに後悔することになりますし、何より留学の効果が半減します。無料なんで今すぐ体験レッスンやれくださいw

→オンライン英会話レアジョブの無料体験レッスン

それにこんな記事も書いてみました。

→レアジョブで会える美人でかわいいフィリピン人先生ランキング!

勉強の手助けになれば幸いですww体験レッスンの様子もこのページから見れるので(レアジョブ公式動画)体験前に見といてもいいと思います。

まとめ

フィリピン留学しょっぱなからスタートダッシュをして、最高の結果を残すためには事前学習が必ず必要です。

僕は、働きながら様々な生徒をみてきたのですが、やはり最初に土台ができていない人は、ものすごく苦戦していました。

そんな人たちでも、留学中にしっかり勉強して結果を残してきた人たちはたくさんいます。
しかし、そういう頑張って這い上がった人達はほとんど「留学前に勉強しておくべきだった」と言っていました。

わざわざフィリピンに留学にきたのに後悔して帰って欲しくありません(フィリピン英語を話せれば本当に楽しいです!)。

なのでしっかりと事前学習して、留学中に100%成長してくださいね!
頑張りましょう!!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA