バギオに来たなら訪れるべき観光地はここだ!

今回はバギオの観桜地についてでです。

標高1500mに位置しているため、フィリピンでも涼しいんです。そんなバギオの観光地はどんなところがあるのでしょうか?
マスト観光地をまとめてみました。

ちなみにバギオへの行き方は以下の記事を参照してください。
マニラから7時間ほどです。
暑さに飽きたならここへ行け!山岳都市バギオへの行き方

地図で見るとこんな感じ


パーナムパークを中心として捉えるとわかりやすいと思います。

ホテルを取るとしたらバーナムパークの北側に位置しているホテルが立地的におすすめです。
ショッピングモールも近くにありますし、タクシーの往来も多いのでどこ行くにしても困りません。

お勧めホテル

7000円台→Paragon Hotel and Suites

5,000円台→Golden Pine Hotel

3000円台→Inn Rocio

700円台(ドミトリー)→Upstairs Bed & Bath

宗教観と自然のあふれる観光地の数々

バギオにもキリスト教の影響が感じられる建物が数多くあります。
日本人としてみたら、キリスト教自体に触れることは少ないと思います。なので、是非フィリピンで様々なモノを見てほしいと感じます。

また、バギオは山岳地帯に位置しているため、自然豊かです。
そんなこともあり、連休には多くのフィリピン人がバギオで旅行を楽しんでいます。

自然を楽しむ

Mount Santo Tomasのミッキーマウス

Mount Santo Tomasのミッキーマウス

バーンハムパーク(Burnham Park)
街の中心。アメリカの建築家によって作られた公園。
公園内では自転車乗ったり、ボート漕いだりすることができます。
小さな屋台なんかもあるので散歩するにはうってつけの場所です。

 

マインズビューパーク(Mines View Park)
デッキから見る景色がとにかくきれい。
公園内にはラクダ?かなんかがいて一緒に写真を取ることができます(50ペソほど必要)。
ここはバギオに来る人は誰もが訪れるスポットです。

 

グッドシェパードコンバート(Good Shepherd Convent)
マインズビューパークより歩いて10分ほど。
景色が抜群です!
さらにバギオ名物のイチゴジャムなどが買えます。
バギオ土産はここのジャムが一番だと思います。

 

サントトマス山(Mount Santo Tomas)
発信器?かなんかが二つ設置されていてそれが耳に見えることから別名ミッキーマウス山。
タクシーを1000~1500ペソほどでハイヤーしていくのが基本です。
ちょっと高いですし、片道1時間くらいかかりますがここはぜひ訪れてほしいです。
ダバオで訪れた観光スポットで私はここが一番好きです!

 

タマワンビレッジ(Tam-Awn village)
入場料50ペソ、市内からタクシーで15分ほどです。
昔の山岳民族がどのような暮らしをしていたかがわかる。
中には小さな博物館もあってバギオの歴史も知ることができます。
まぁこなくてもいいかもしれません(笑)

建築物を楽しむ

Our Lady of Lourdes Grotto

Our Lady of Lourdes Grotto

バギオ大聖堂(Baguio Cathedral)
丘の上にそびえたつとにかくでかい教会!
バーンハムパークから歩いてすぐの所にあるので、多くの人が訪れます。
山岳地帯までキリスト教が広まっているのがよくわかりますね。

 

ライオンズヘッド(Lion’s Head )
名前の通りライオンの頭の像です。
フィリピンの人たちはバギオに来たらなぜかここで写真を撮るくらいバギオの象徴みたいな感じになっています。
車で45分ほど。行きたい人は大勢いるので、私はタクシーをシェアしていきました。
ライオンの頭でした。

 

ザ・マンション(The Mansion)
1908年にアメリカによって建てられた。
今ではフィリピンの大統領がバギオに来たときに過ごす場所として使われている。
マストスポットの一つだが、私の感想は「ふーん」って感じ。。。特に感動はしない。

 

ライトパーク(Wright Park)
ザ・マンションから徒歩5分の所にあります。
ポニーに乗れることで有名ですが、私は乗りませんでした。乗りたい方、どうぞ!
明確な料金はありませんが、マナーとして多少のチップを払うことは必要です。

 

Our Lady of Lourdes Grotto
百段以上の階段を登らなければ行きつけないマリア様像が見れる。
結構つらいが多くの人が登っている姿を見ると、フィリピン人の信仰深さがうかがえる。
ここにはぜひ訪れてほしい。それだけの価値はある。

移動手段は?

タクシーを使うのが無難。

マニラと違い悪徳ドライバーが少ない印象を受けた。
基本的に1ペソ単位でお釣りを渡してくれることにマニラでずっち生活をしてきた私は衝撃を受けました。。。(当たり前ですか??)

ただマニラと違い、バギオは多くのフィリピン人観光客で賑わっているので、タクシーをシェアしてどこかに行くなんて手もあり。

バギオは一度は訪れる価値が必ずあります!

バナウェやビガンなどに比べると魅力が少ない印象を受けるバギオですが、それでも訪れる価値はあります!
自然がたくさんあって人もいい。そして比較的栄えているので、生活必需品はほとんど手に入るため旅行もしやすいです。

マニラから7時間ほどかかってしまいますが、是非話のネタにでもフィリピンの涼しい山岳都市バギオに行ってみてくださいね!

暑さに飽きたならここへ行け!山岳都市バギオへの行き方

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA