英語を上達させるためには「お酒」と「ハプニング」の2大特効薬が重要だと思うんです。

今回は私の実体験の話です。

英語を上達させるためには、もちろん文法力や単語力はかかせません。

でも「お酒」と「ハプニング」も重要なんじゃないかな、って私は思っています。

そんなワケわからない考えに至った理由もちゃんとあるんです(笑)

今回は基本的には留学する方向けな内容となっていますが、日本にいても意識的に疑似体験することができると思うので、参考にしてみてくださいね。

こんな英語学習方法もあったんだなって感じで。

大人が英語を身に着ける前提として

小学生くらいの吸収力がものすごい時代に英語を学習すれば、それは伸びは大きいと思います。

うん、今になってわかる。私はそんなゴールデンタイムを無為に遊んで過ごしてきました(笑)

実際そんな人も多いと思うのですが?そんな吸収力が衰えてきている大人だって英語話せるようになると思います。

でも忘れちゃいけないことがあります。

文法や単語の基礎が大切ってことです。

英語を聞いているだけで話せるようになるとかっていうのは、正直小学生くらいまでですよ(私個人の意見です)。

いい大人が英語話せるようになろうと思うなら、やっぱり基礎的な知識は必要!

まずはしっかり基礎を勉強してからすべては始まる!ってことを忘れないでくださいね。

酔うと英語が流暢になる

-shared-img-thumb-PPW_kooridehiyashitabi-ru_TP_V
アルコールの力ってすごいですね。

私自身もそうなんですけど、フィリピンの語学学校でインターンをしていた際に、お酒の席になると普段の倍英語を話す人をよく見かけました。

頭のどこかで「拙い英語人前で話すのやだな」っていう感覚が消えちゃうんでしょうね。

酔いが回ると、「とにかく伝わればなんでもいいや、こいやーー!」みたいな感じで話しちゃうんです(笑)

そして、翌日酔いがさめて冷静に考えてみると、「俺英語であんなに話せたの!?」てな感じになります。

その話せたときの感覚を覚えておくことによって、シラフの時でもだんだんと酔拳状態の英語が話せるようになってきます!

スポーツ界でも似たようなことが行われているんです

例えばバク転。

バク転を練習するときに最初は補助付きでやらせてみるんです。

誰かが手でクルっと回転に勢いをつけてあげるんです。

まぁ補助付きなので意外と回れちゃいます。

そして、それを繰り返すことによって頭と体に「成功体験=バク転している」という感覚を強制的に覚えさせるんです。

それでいざ補助を外してみると。。。バク転できちゃうんですね。

語学はスポーツだ

って何かの本で読んだことがあるんですけど、まさにその通りだと思います。

バク転と同じように英語も「成功体験=話せている」という感覚を先に覚えちゃえばいいんですよね。

そして、その感覚を忘れないように補助なしで挑戦してみる。何度も何度も挑戦してみる。

ダメならもう一回お酒飲んで成功体験を思い出してみる。そして挑戦。。

というような作業を繰り返していくうちに、補助がなくても「できる」ようになっちゃう時がくるんですよ。

私はこれを自分の身をもって体感しました。

語学はスポーツです!!

※ただむやみやたらにやればいいって言っているわけではないですよ?スポーツと同じようにどうすればうまくいくか「考えながら」学習することがポイントです!

緊急事態発生!英語話さなくちゃどうしようもなんない。。

-shared-img-thumb-GAK_arupakapunpun_TP_V
1か月くらい留学していればハプニングに見舞われることは1回はあるでしょう。

海外ですから思いもよらないことが起こるのは当然です。

例えば、バックを丸ごと盗まれちゃったとき。

警察に行って盗難証明書をもらわなくちゃ、保険も使えません。

だから、英語を使って状況説明するしかない。。

そんなどうしようもない状態に陥ると、たどろたどろしながらも伝わることに気づくんです。

この気づきによって英語に対する抵抗感がなくなってくるんですよね。

バックを紛失された方は是非警察署に行ってみてください(笑)

私のハプニング体験

謎のフィリピン人
お前バングラデシュ人だろ!?
鈴木
え?いや。。NO!

うん、わけわからない。

でも実際に言われたんです。

なんかこの時は突然すぎて、自分はバングラデシュ人じゃなくて日本人なんだって伝えることに必死になってましたね(笑)

渡比2か月目の出来事だったので、まだ英語は心もとなかったんですけど、この時の経験を通して、話せば伝わるじゃん!ってことに気づけたんです。

そうなってくると先生や友達と英語を話すことに抵抗がなくなってくるんですよね。

その日を境に英語を「拙いながらもまぁ伝わるから話してみる」という感じでとにかく機会があれば使うようになりました。

それにしてもバングラデシュ人て。。

まとめ=語学はスポーツ!恥ずかしがるな!

英語学習における「お酒」と「ハプニング」の大切さ気づいていただけたでしょうか?

この2つの特効薬を使って英語を積極的に話していけば、いつかは英語でコミュニケーションをとれるようになると思いますよ。

国内で英語を身に着ける人はこの2つの特効薬を使わないで身に着けた方がほとんどだと思うので、本当にすごいと思います。

でも日本にいてもできないことはありません。

お酒飲んでからDMM英会話やってみるとかいいかもしれません(笑)

→超おすすめ!DMM英会話の美人でかわいいフィリピン人先生トップ5!

今回のまとめとすると

『お酒』で「成功体験をゲットし」
『ハプニング』で「英語への抵抗感をなくす」

ですかね。

とにかく留学する人ならガンガン外に出て、ガンガン飲んで、ガンガン失敗してほしいです!怪我しない程度にね。

語学はスポーツですから!!

最後になりますが、しっかりと基礎を学んだ上で、英語をとにかく使ってみる。このことが英語習得の近道だと思います。

頑張ってください!!

※私ももっと精進します。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA