東京の日陰者「江戸川区」に住むメリット・デメリットを在住20年越えの私がまとめてみたよ。

日陰者なんて言ってごめんなさい( ;∀;)

でも江戸川区にずっと住んでる私でさえそう思っちゃうんですから、他区の人なんて。。。

そう思っちゃう私は江戸川区歴20年を超すベテラン江戸川ピーポーなんです。

生まれは墨田区なんですが、私の記憶が残ってないくらい小さい時に江戸川区に引っ越してきました。

それ以来、今に至るまでずっとこの畑がわさわさしている環境で育ってきたんです。

江戸川区はとても地味な区ですが、それでもなかなか良いところもあるんですよね。

なので、今回は江戸川区に引っ越そうかなと考えている人や、江戸川区に住んでいる人用にメリット・デメリットをまとめてみました。

何かの参考になれば幸いです。では見ていきましょう!

江戸川区のメリット

-shared-img-thumb-PEZ89_kouenmizunomibada_TP_V
江戸川区に対する印象はどのようなものがあるでしょうか?

何もない、行ったことない、よくわからない。そんな意見がたくさん聞こえてきそうな気もします(笑)

そんな江戸川区ですが実は様々な特徴があって、メリットもあったりするんです!

まとめてみましたのでご覧になってください。

子育てがしやすい

江戸川区は東京都の中で平均年齢が1番低い区(41.4歳)に選出されているんです。

その理由の一つに、子育て支援の手厚さが挙げられます。

例えば「乳児養育手当」では、所得制限やその他条件はあるものの、0歳児を扶養する家庭は月額13000円の給付が受けることができます。

また「私立幼稚園保護者負担手当」では、私立幼稚園に進学する子どもと区立幼稚園に進学する場合の負担額が同水準になるように、区が補助金を支給しています。

その他にも、こども医療費が0~15歳の中学校を卒業するまでの間無料だったりするんです。現在は他市町村にも広まってきていますが、便利な取り組みですよね。

ちなみに私もお世話になったのですが、江戸川区には「すくすくスクール」という学童のような制度があります。任意加入保険が年500円かかる他、参加自由の行事にかかる費用を除けば、無料で参加することが可能です。

放課後、子どもがのびのびと遊べる環境を、大人の目が届く範囲内で提供してくれるのは、ワーキングママにとっても専業主婦にとってもありがたいですよね。

⇒乳児養育手当(ゼロ歳児)の詳細
⇒私立幼稚園保護者負担手当の詳細
⇒すくすくスクールの詳細

自然が盛りだくさん!

江戸川区は公園が多い区ランキングで23区中1番です!

有名どころでいうと葛西臨海公園やマイナーだけど篠崎公園など、野球やサッカーが楽しめる大きい公園が数多くありますよね。

また、親水公園や土手も多くあるので、早朝に空気が新鮮な場所でランニングできちゃったりもします。荒川沿いには小松川千本桜もあり、桜の咲く花見の時期には数多くの人で賑わいます。

さらに畑も数多くあり、農業体験を催している農園もあります。農園で思い出したのですが、小松菜は江戸川区発症なんですよ!ここテストにでます。。

ちなみに葛西臨海公園には水族館もあります。ここが意外と本格的で、しっかり見て回るとなると丸1日時間かかっちゃうくらい広いんです。最寄りの葛西臨海公園駅からも徒歩5分程度でいけちゃうので、時間があればぜひ!

⇒葛西臨海水族園の詳細

国際色が豊か

江戸川区には数多くの外国人が住んでいます。

インド人や中国人、フィリピン人などアジア系の人たちが多く住んでいます。

特にインド人は本当にたくさん住んでいます。

東西線上に多くのIT企業があり、そこに勤めているインド人が賃貸費の安い江戸川区に集まってくるんです。なので特に葛西エリアは右を向くとインド人、左を向くとインド人というような環境です(笑)

インターナショナルスクールもあり、インド式の計算法と英語が学べる幼稚園は人気があるらしいです。年間学費も25万円程と他の幼稚園に比べてそこまで高くはないので、なかなかいいかもしれません。

⇒ グローバルインディアンファウンデーションの詳細

江戸川区のデメリット

-shared-img-thumb-YUKI_accyonburike15114524_TP_V
メリットがあればデメリットもあるのが江戸川区。

江戸川区に興味がなかった皆さんもちょっとは気になってきてくれたでしょうか(笑)

そんな皆さんに江戸川区のデメリットも知ってもらって、それが納得できたら引っ越して来ちゃいましょう!

うん。。

交通の便が悪い

江戸川区には電車の駅の数が少ないんですよね。

だから、駅まで自転車で20分とかバスに乗らなくちゃ到底無理とかがざらにあります。東京なのに。

それもそのはず、駅の数は23区中ワースト2位なんです。面積が1/3ほどの目黒区に次いで。。

しかも江戸川区を東西に突っ切っている都営新宿線。乗車代が高いんです。これは地味に痛いですよね。

もっと頑張って江戸川区を住みやすい街にしてください!!都営交通局の皆さん!!

交通以外の生活インフラも微妙

交番や郵便局の数が少ないうえに、商店街も少ないんです。

また、人口あたりの医師数・教師数ともに23区中最低ランクという結果に。

医師数が少ないってことは病院も少ないんです。なので病院で待たされる時間が長引く可能性もあるんですよね。

駅が遠いうえに、病院も少ない。そして交番も少ない。

うーん、なんとかして欲しいですね。

治安が悪い地区も多い

平成25年度、江戸川区は犯罪認知件数が23区中ワースト1位という不名誉な結果に終わってしまいました。。

特に自転車の盗難数は多く、区内の盗難数の約4割を占めているそうです。。我が家も2度ほど自転車がなくなっていたことがあります。

しかも、たいてい自転車を再購入した1か月後くらいに、乗り捨てられているのが発見されるんですよね。どうせならもうちょっと長く使ってて欲しかった(笑)

そんなこんなで自転車盗難などの軽犯罪が多い江戸川区は、区民に対して注意喚起を行っています。

そして実際にその結果として、26年度には犯罪認知件数が世田谷区、新宿区、大田区に続いてなんとかワースト4位まで持ち直しています。

これからも注意を怠ることなく、安全な江戸川区を目指していきたいですね!

⇒自転車盗難に注意!!

江戸川区はこんな感じの街です。

-shared-img-thumb-LISA78_kaidanhaihai20141018101533_TP_V
江戸川区は認知度は低いですが意外とメリットもあるんですね。

私も調べていく中で、知らなかったことがたくさんでてきました。

でも治安が悪いという、決定的なデメリットも抱えているのでそれは今後に期待としておきましょう!

江戸川区のメリット・デメリットをまとめるとこんな感じです。

【メリット】

●子育てがしやすい⇒支給金が多い

●自然が盛りだくさん!⇒公園面積23区中ナンバー1

●国際色が豊か⇒特にインド人がたくさんいる

【デメリット】

●交通の便が悪い⇒電車の駅数が少なすぎる

●生活インフラも微妙⇒医師数・病院が少ない

●治安が悪い⇒特に軽犯罪発生数が高い

江戸川区特集は以上になります。

読んでくれた皆さんにとって何かの参考になりましたら幸いです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA