副作用とか危険は?高額バイトの「治験」に参加してきたよ!!

あーお金ない。でもつらいバイトは嫌だ。。どうしよう

そんな時にGoogle先生に「高額 バイト 楽」と検索する人は私と友達になりましょう、多分気が合います。

そんな怠惰な根性を発揮して、熱心に楽なバイトを探しているとある文句を見つけました。

「治験!ただ寝ているだけで○○万円稼ぎました!」

これだ!!

ということで治験に申し込むことになったのです。もう2回参加しちゃいました。

うん、何か踏み入れてはいけない領域に来たことは知ってる。でもせっかくだからみんなにも治験がどういうものなのか知ってほしいと思っんだよ。優しいから。

なので、今回は治験のことと、私が実際にモルモットになって感じたことを率直に書いていきたいと思います。優しいから。。。

治験ってなに?

人間での効き目(有効性)、副作用(安全性)について調べる試験を「臨床試験(りんしょうしけん)」と
いいます。
中でも、国(厚生労働省)から「薬」として承認を得るために行われる試験を「治験(ちけん)」と
いいます。
V-NTE 治験とは?

要するに新しい薬が人間に対して実際に効き目があるか確かめるためのテストです。

その実験台となるのが私たち、治験バイト参加者なんですね。世の中に出回る薬が本当に効果があるものなのか、安全なものなのかを製品化一歩手前で確かめる意外と重大な役割を担っています。

だから治験中および治験参加前には様々な制限があります。そのため、比較的高額な報酬をもらえるんですね!

治験は「有償ボランティア」。税金の対象外。

ちなみに治験は「有償ボランティア」であり「バイト」ではありません。

どういうことかというと、治験に参加するために雇用契約などを結ぶ必要はなく、支払われる報酬も「アルバイト費」ではなく「負担軽減費」となっています。報酬が貰えるといっても、治験はあくまでボランティア活動の一種なんですね。

そのため治験で貰える報酬は「税金の対象外」となります。これは地味に嬉しいですよね。

特に学生は収入が103万を超えてしまうと親の税金負担が増えてしまう影響もあり、それ以上稼がないように言われている人もいるんじゃないでしょうか?しかし、治験だったら税金の対象外なので、103万+治験負担軽減費を稼いでもOKです。

治験の報酬相場

項目金額
事前検診3000~5000円ほど交通費も含まれています。
通院1日10000円ほど交通費も含まれています。
入院1日20000円ほど交通費も含まれています。
調べてみると、これが一般的な相場ですね。

私が始めて参加した治験は3泊4日×2回の日程で事前検診費込みの負担軽減費は123000円、2回目に参加した4泊5日×2回は165000円でした。

入院が必要な治験に参加すると24時間病院から外にでれない、決められた食事しかできないというような制限があります。もちろんタバコなどはもってのほかです。

その見返りとして1日2万円を高いか安いかどう感じるかは、あなた次第です(‘ω’)

基本的に読書していてもよし、パソコン使っててもよしと、自由な時間が多いので私自身は対価としてなかなか良い額を貰っているなと感じていました。

治験に参加するまで

-shared-img-thumb-151026M_084r_TP_V
治験に参加するまでのステップを説明していきます。

わずらわしい作業はほとんどないので、めんどくさがり屋な私も難なく参加まで至っちゃいました。

⓵治験求人サイトに登録する

治験前にはもちろん治験を探してこなければなりません。

しかし、一般の求人サイトで治験を見つけることはほぼないですよね?

どこで見つけるかというと治験の専門求人サイトでみつけるんです!

多くの治験募集サイトがありますが、私が使ったのは⇒治験情報V-NETというサイトです。

他のサイトにも登録したのですが、登録しただけで電話がしつこくかかってくるようになったので、着信拒否しちゃいました(笑)

V-NETは比較的おとなしいので(笑)、初めて登録する方にもおすすめです。

ちなみに登録は無料です。

登録費があるサイトもあるのですが、ほとんど意味がなく詐欺まがいな運営をしているところもあるので、登録費がかかるサイトへの登録は避けましょう。

⓶治験を予約する

V-NETで参加したい治験を発見したら、次はその治験を予約します。インターネット上で予約できます。

その際にいくつか質問がありますが、これは正直に答えるようにしましょう。

嘘を書いても治験に参加することはできますが、治験参加者には社会的意義が。。。

なんて堅苦しいことは言いませんが、それでもルールはルールですからね。正直に答えていきましょう。

予約完了後メールが届きます。注意事項が書いてありますので読んでおきましょう。

□ 健診前注意点 □
——————
お申込みいただきますと治験終了(追跡確認を含む)まで下記のことができません。
・日焼け
・旅行(海外旅行を含む)
・通院、献血
・医薬品や健康食品の摂取・使用
※健康食品やサプリメントも含みます
・過度な運動や重労働
・過度なアルコール摂取

健康診断合格のために非常に重要です!

こんな感じです。その他にも日程や場所などが書かれていますので、行き方も合わせて確認しておきましょう。

⓷確認電話

予約後、V-NETから電話がかかってきます。

治験の詳細説明と事前検診の案内をしてくれます。

電話で確認を取らないと、次のステップには進めませんので、でれなかった方はかけ直すようにしましょう。

注意事項確認と詳細説明が意外と長く5分~10分ほど時間がかかります。

確認電話後またメールを送ってくれます。

<健診前日のご注意>

・夕食は脂っこいもの、当分を多く含むものは避けてバランスの良いお食事をしてください

・22時以降水以外の飲み物は禁止です。

<健診当日のご注意>
・朝食は食べずにお越しください。

・健診までの移動中、こまめな水分補給をしてお越しください

・身分証明書1点と振込先がわかるもの、現住所がわかるもの
をお忘れないようご準備ください。

こんな内容です。都合が悪くなったらキャンセルの連絡を入れておきましょう。

⓸事前健康診断に参加する

この健康診断で問題があると治験に参加することはできません。

なので、⓷確認電話で言われた内容をしっかりと守るようにしましょう(前日22時以降食事禁止など)。

ちなみに、この事前検診の倍率は治験にもよりますが1.5倍~2倍ほどになると言われており、人気の治験だとそれ以上になることもあるそうです。

そこで、事前検診で落ちたくない!という人にテクニックをご紹介します。

・前日から当日朝にかけて多くの水を摂取すること。

・前日夜にはタマネギをなるべく多く食べて血液をサラサラにしておくこと。

この2つがちょっとしたテクニックになります。

治験参加中に出会った、自称治験のプロが教えてくれました(笑)

特に水をたくさん飲むことは、⓷確認電話の際にも促されるので、特に重要です!頑張って水を飲みましょう!

⓹治験参加

治験の1日目にも体調が悪くないか確認するための健康診断があります。

ここで帰らされてしまう人もいるので、水をたくさん飲んでおくなどの対策を取っておきましょう。

私が参加した治験では、2名の方が1日目の時点で帰宅させられていました。

報酬額ももちろん1日分しかもらえないので、ここで帰らされるのはある意味地獄と言えますね。。。

治験中は実際どんなことやるの?

1436400338839
1日目に帰らされなかった方、おめでとうございます。

これで晴れて治験参加が確定です。しかし、薬を飲む直前まで治験を辞退することができるので「やっぱり怖いな」なんて思った方は、いつでも帰ることができます。担当の方に相談してみましょう。

次は治験参加中になりをやるかが気になりますよね。

ネットで調べてもあまり情報がなかったので、参考にしてみてください。

3泊4日のタイムスケジュール

私が始めて参加した治験は3泊4日×2回で、1回目と2回目の内容は同じでした。

なのでそのスケジュールを紹介したいと思います。

他のスケジュールもたいていこんなような感じになると思います。

1日目:健康診断

10時:受付開始
11時:健康診断開始
12時:お昼ごはん⇒担当者の説明
自由時間
19時:夕食
20時:シャワータイム(1人15分)
自由時間
23時:就寝

2日目:薬投与

7時:起床
9時:薬投与
以降15分・30分おきに採血あり:計8回ほど
12時:お昼ごはん
以降1時間1回ほどのペースで採血あり:計4回ほど
19時:夕食
夕食後1回採決あり
23時:就寝

2日目は少し忙しいです。

薬投与後は15分に1回ペースで採血があるのですが、私はなかなかストレスを感じました。こんな経験初めてですからね(笑)

ちなみに朝ご飯はなし、シャワーは浴びることができませんでした。

シャワーを浴びているときに、薬の副作用や貧血で倒れてしまわないようにとの理由です。

3日目:経過確認

午前中1回採血あり
それ以外の時間帯は食事・シャワーの時間を除き自由です。

4日目:退院

1度採血後、10時に退院です。

2回目終了時に手渡しで現金が貰えました。

治験中に守るべきルール

薬の効果がどの程度あるのか、体にどのような影響を及ぼしているのかなどをチェックするために、治験中は様々な制約があります。

例えば

●食事は決まった時間に決まったものを食べる

●医薬品の使用は禁止(目薬・化粧水もNG)

●激しい運動は不可

●外出は禁止

などです。その他にも、事前検診および治験参加1日目のオリエンテーションの際に説明がありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

治験を受ける際のデメリット

治験はそれなりの報酬を得ることが可能です。

しかし、私が参加したうえで気になったデメリットもありますの紹介したいと思います。

本当に暇。

これにつきます。

病院によるのですが、マンガやDVDなどを用意してくれている病院なら当たりです。娯楽がテレビ以外になにもない病院もあるんです。

なのでパソコンやマンガなど、自分で持っていいける暇つぶし道具がある場合は日数に見合った分のモノを持っていくようにしましょう。

副作用

治験というと「危険」「副作用がある」といったようなイメージがありますよね。

しかし、担当医師に確認したところ実際にはほとんど発症しないそうです。したとしても立ちくらみなどの軽微なものが多いとのことでした。

私が参加した中でも副作用がでてしまったという人はいませんでした。薬よりかも、採血が嫌になっちゃう人はいましたけど。。

しかし、もし重大な副作用が発生した場合は、それなりの補償があります。

治験に参加する前に1時間ほど薬に関してや、治験に関しての説明が事前検診および治験1日目にありますので、疑問に思うことがありましたら、薬を飲む前に質問しておくようにしておきましょう。

考えられる副作用やその発生する確率など、かなり細かいことも教えてくれるのでしっかりと納得した上で参加するようにしましょう。

人間関係

正直に言います。

治験に参加している人でまともそうに見える人は少なかったです。

ほとんどの人が闇を抱えていそうな感じでした(笑)

しかし、人と関わりたくなさそうな人が多かったので、あえて話さなければ治験参加者と一切話さずに終わるということもありそうです。

人と話さないとキツイ、というような方の参加はオススメできませんね。

治験に持っていくと便利な物

病院によって用意してくれているものが違うので、参考程度にお考えください。

●スリッパ、下着、パーカー、歯ブラシ、パソコン・マンガのなど暇つぶし道具などなど

病院によってはスリッパがあったり、歯ブラシがあったりするので事前に確認しておくようにしておきましょう。

治験に参加する病院のホームページや事前検診時に説明があるかと思われます。

まとめ

-shared-img-thumb-YUKI_accyonburike15114524_TP_V
想像していた治験と比べてどうでしたか?

治験中は健康的な食事がでてきて、ただ寝ているだけでも報酬が発生しています。

巷では「副作用が危ないでしょ!」と言われていますが、実際にはほとんどなく、あったとしても軽微なものがほとんどです。

しかし「絶対に副作用で健康を害することはない」ということはできないことが現実です。

そのため、参加前の説明会にてしっかりと疑問点を解消しておくことが1番大切なことと言えますね。

⇒治験情報V-NET

治験に参加したい方はV-NETに登録しておくことをオススメします。

ここなら登録費はもちろん無料ですし、しつこい勧誘も少ないです。

それに他社では事前健康診断前に治験の説明会に参加しなければいけないのですが、V-NETならその必要はありません。

ネットの登録だけでOKなんです。

だからとりあえず登録して、自分に合った治験がでてくるまで見るだけにしておこう!という選択も可能です。

⇒JCVN治験ボランティア

このサイトは事前健康診断前に説明会に参加する手間はあるのですが、一応登録しておいてもいいかもしれません。

というのも様々な専門性を持った治験を扱っているんですよね。

⇒ニキビ・アトピー治験ボランティア

⇒喘息の方に、発作や症状を改善するお薬モニターのお仕事

などがあります。

治験に参加して報酬をもらいながら、ニキビや喘息の治療が受けられるなんて一石二鳥ですよね。是非活用してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA