素人宗教勧誘者が語った「ナマズの神」とは??大学で初めて宗教勧誘された時の思い出。

人から話しかけられやすいオーラ放っているんですかね。

それとも好奇心の強さが見破られてる??

私は大学で知らない人から声をよくかけられます。声かけられるなんてあるの?って思いますよね?

あるんです。そう、タイトルにもありますが「宗教勧誘」です。

私は今までで4回宗教勧誘者に話をされ、そのうち1回は教会に潜入したことがあります(笑)

その話もしたいのですが、今回は私が初めて宗教勧誘をされた時の話です!

うん、本当に謎な経験であり、良い体験になりました。

春先にかけて大学新入生を狙った宗教勧誘が活発になるので、注意喚起の意味を込めてその時の体験を書いてみましたので読んで見てくださいね!

素人宣教師が素人まるだしで逆に愛おしくなった話

私が大学に入学して間もない時のこと。

当時、私は友達も少なく授業の空きコマにやることもなかったのでベンチに座って本を読んでいた。するとヤツは突然現れた。

謎の男
ご飯一緒に食べてもいいですか?

俺ご飯食ってねーよ!と心で突っ込みを入れながらも、私は少し左に腰をずらした。

今考えると怪しさ100%に思えるが、当時の私は入学したてで、「うわー大学ってすげー!こんな感じに交友関係が広がっていくんだー!」などと考えていた。そうバカなのである。

彼は私の隣でご飯をむしゃむしゃ食べながら、世間話をしていた。もう本当にただの世間話であった。

彼の年齢は見たところ30歳前後。平日の昼間に大学構内でランチをしている30歳前後の男。怪しさ200%である。

それでも、私は「うわー大学って本当に色々な人がいるなー!」などと考えていた。もう一度言うが、バカなのである。

彼がご飯を食べ終わると、話は東日本大震災の話に移った。

謎の男
あれはね、祟りなんだよ、ナマズの神の。

真顔で言われた。突然だったためどう反応したらいいのかわからなかったので、相槌だけうっておいた。

彼曰く、世の中には八百万の神がいて、その神々が森羅万象を操っているとのことだった。

もうTHE宗教だった。ここらへんで私は「ヤバいな」と思い始めていたが、「ナマズの神」というワードがもう1度出されたときに私は話を聞き続けることを決めた。

「やべー、こいつめちゃくちゃおもしれーw」

好奇心が不安を克服した瞬間であった。そして彼は言った。

謎の男
そろそろマグにチュード30の地震がきます。
謎の男
地球が真っ二つに割れます。

お、おう。。これはどう反応すればいいのかわからなかった。

なので私は聞いてみた

じゃあどうしたらいいんですかね?

うん、これは正解な反応だろう!さてお前は次にどんな話をしてくれるんだ!と期待していた。

しかし様子がおかしい。返事がない。

「うーん。。。」彼はやっとため息をあげ、こう答えた。

謎の男
わからないです。

え?違うじゃん!斜め上すぎるwww

一時の沈黙が流れた後、彼は笑みを見せ、最近ある宗教に入信したことと、勧誘にノルマがあることを語った。

1か月に3人勧誘して本部に連れて行かないと、お布施という名の罰金があるということであった。

彼は笑って言いました。

謎の男
これって怪しいですよね?

うん。怪しい。良かったよ気づいてくれてw

彼は何かが抜け落ちたようにスッキリとした面持ちで立ち上がり、去っていきました。

彼とは違う出会い方をしていたらもしかしたら友人同士になれたかもしれないなと思いました。

みんな必死なんだな

大学1年生のしょっぱなにこんな経験をしてしまい、大学は夢も希望もない場所だということを悟りました。

知らない人に話しかけられて、その人と友達になって、ドラマみたいに青春して。。。なんて話があるわけありません。

それと同時に、人生の怖さも垣間見たような気がします。

彼だって彼の人生を普通に歩んでいたんですよね。

そしたら急に宗教に勧誘されて、何があったのかは知らないけど、ナマズの神を信じちゃった。

いや普通に信じないでしょ!と今は思っていたとしても、タイミングが噛み合っちゃえば何かの拍子に彼のように信じちゃうかもしれません。

それで人生がめちゃくちゃになってしまう可能性もありますからね。

彼がその後どうなったのかは知りませんが、現世に戻ってきてくれていたら嬉しい限りです。

人生何があるかわからない。常に気を張って生きていこうと思わされる体験でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA