原付バイクで四国お遍路さんしてきたよ!日数やコースは?

大学生活最後の夏休みを利用して原付バイクでお遍路さんをしてきました鈴木です!

日記的な記事もブログにアップしているので、見てくれると僕は喜びますよ(´・ω・`)

原付バイクお遍路0日目(準備編)
原付バイクお遍路1日目
原付バイクお遍路2日目
原付バイクお遍路3日目
原付バイクお遍路4日目
原付バイクお遍路5日目
原付バイクお遍路6日目
原付バイクお遍路7日目
原付バイクお遍路8日目(最終日)

結論から言いますと、コースは基本的に順打ち(1番から順番に廻ること)で、日数は8日間かかりました。

各お寺でお経を読んで納経帳に御朱印をしてもらいながら、原付バイクでお遍路さんをする場合、おそらく8日間が最速ラインになると思います。

お寺をただ廻るだけであれば、日数はおそらく7日間でもいけるでしょう。つらいでしょうけどw

ということで原付バイクでお遍路さんをする場合の、日数・コースを少し詳しく見ていきたいと思います。

最低日数は8日間必要

p_20160926_074156
基本的にお遍路さんをする人は各お寺で御朱印をしてもらうと思います。

ただ四国88か所のお寺の納経所は7AM~5PMまでしか空いていません。

なので、どうしても1日10時間しかお寺を廻れる時間がないんですよね。

他のお遍路さんをした人のブログを見ると、電話をかけたら閉めるのを少し遅くしてもらえた!などの情報もでてきましたが、迷惑ですし確実ではないのでやめておきましょう。

 

そこで僕が編み出した必殺技が2つあります!

これを実践できれば原付バイクでも8日間でお遍路さん完結できちゃうと思います!

僕は少しせっかちなんで、僕みたいに効率よくお遍路さん廻りたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

必殺技⓵=朝早起き&昼めし食わない!

うん、超原始的必殺技ですね(笑)

でもなるべく少ない日数で効率よくお遍路さんしたいなーと思っている方はぜひ以下の通り実践してみて下さい。

 

朝は、納経所が開くのが7時からで基本的にどのお寺の時間ぴったしくらいにオープンします。

なので6時30分くらいには、その日1つ目のお寺に着いているようにして、お経を唱えたり線香を灯したりしておきましょう。

それで7時に納経所が開いた時に御朱印をしてもらって、次のお寺にGOです!

 

これだけでかなり時間を短縮できるのですが昼飯を抜いたらさらに時短できますw

お店でご飯食べちゃうと、どうしても30分から1時間はかかっちゃいますからね。。

お腹が空いたとしても我慢するかコンビニでおにぎりとか買って食べるようにしましょう。

これが僕の必殺技でしたw

もちろん時間に余裕があればせっかくの旅ですし、今後一生通らないような道を通るわけですから、適当なお店にぶらりと入ってみるのも楽しいと思いますよ!

でもお遍路中は17時以降、基本的に移動範囲も次のお寺までに限られちゃいますから、暇なんですよね。

だからおいしいごはん屋さんとかは、17時以降に探すのが1つの策です!

必殺技⓶=参拝道具をまとめて1つの袋に

お遍路をするためには、各お寺でお線香を炊いたり、お経を読んだりする必要があります。

特にお寺が密集している地域なんかは、15分に1回くらいバイクから降りて、参拝して、乗って、移動というサイクルを繰り返すことになります。

 

だから、いちいちリュックの中や、メットインから「これとあれとこれが必要!」なんて必要なものをピックアップしている時間は無駄です。

参拝道具は1つの袋にまとめておくようにしましょう!(僕はビニール袋でしたが、腰掛バッグとかもいいかもしれませんね)

ちなみに基本的な参拝に必要なものは以下の通りです。

・線香
・ろうそく
・ライター
・賽銭用の小銭
・納め札
・経本
・納経帳
・御朱印料金

なのでこれらの品々+水分補給用のペットボトルくらいは、常に1つの袋にまとめておくようにしましょう。

いちいち荷物を選別する必要もないですし、服や日用品が入った重いリュックを背負わなくていいので、身体的にも楽ですよ!

それでも10日間は欲しいところ

僕は必殺技を駆使しながら進んでいって、8日間という比較的短期間でお遍路さんを廻りきることができました。

運よく天候に恵まれてて、雨も通り雨くらいだったことも8日間で廻れた要因の1つですね。

ちなみにお遍路さんは山中を多く通るので、雨が降って路面が濡れていると、特に原付バイクだと危険なんです。

だから雨が1日降っていて一歩も動けない、というような日があってもおかしくないと思うんですよ。

 

なので一応余裕を持って10日間原付バイクお遍路さん用の日程を開けることができたら、やろうかどうか迷っている方は挑戦してみてもいいかもしれません。

ただ、体力的に何時間もバイクに乗ることができない人は、途中何回か休憩をはさむ必要があると思うので、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

僕のコース&行程

dsc02500
今回の僕のお遍路さんコース&行程をまとめてみました。

各日の日記記事も書いているので詳しいことはそちらを見てみてください。僕が迷ったポイントとかも書いてあるので、さらーっと目を通しておくと参考になるかもしれません。

1日目:1→12番札所
2日目:13→23番札所☆
3日目:24→36番札所☆
4日目:37→43番札所☆
5日目:44→53番札所
6日目:54→64番札所(59→61→62→63→60)
7日目:65→77番札所
8日目:78→88番札所

特に☆マークがついている日は長距離の移動日になります。

ポイントは2日目に23番まで納経して17時以降の時間を利用して24番までのお寺まで駆け抜けちゃうことですね。

あとは4日目も同じように43番まで17時までに納経して、一気に松山市内まで行っちゃいましょう。

ただ正直言いまして、特に4日目は連日の原付バイク長距離移動のせいで疲労がたまっていましたね。。

僕は体力には自信がある方なのですが、それでも疲労を感じたのですから、体力に自信がない方は1日の移動距離をもう少し短くしたプランを練る必要があると思います。

 

また、6日目は()内の順番で廻りました。

順打ちでいくとバイクや車で行く場合、おそらく遠回りになっちゃうんですよね。

絶対に順打ちで行くんだ!というこだわりがない人は、この順番で行ってみるといいかもしれません。

参考になるサイト

原付バイクでお遍路さんをするうえで参考になるサイトを集めてみました!

出発前にスマホでブックマークに登録しておくと役に立つと思います。

・遍路参拝の作法
僕は1番札所付近の接待小屋を運営している親切なおっちゃんに遍路作法を教えて貰えたので、ぜひお遍路さんに行きたいという方はそこに立ち寄ってみることをおすすめします(原付バイクお遍路1日目)!1番札所のお遍路グッズ売り場でも参拝作法は教えてもらえるそうです。ただ、事前に確認しておきたい!という方に参考になるサイトです。

・四国おへんろ.net
マップや各お寺の情報が一覧になっていて見やすいです。このサイトを利用してお遍路さんの計画を建てるのがいいと思います。

・歩き遍路 … お宿情報
お遍路道中の宿情報。僕は野宿&ネカフェのみだったので利用はしていませんが、参考になると思います。

太龍寺ロープウェイ
21番札所太龍寺のロープウェイ情報。バイクでも行けますが、道は細めでした。

・雲辺寺ロープウェイ
66番札所雲辺寺のロープウェイ情報。バイクでもいけるらしいのですが、遠回りになっちゃいます。

屋島山上シャトルバス
84番札所屋島寺行きのバス。屋島ドライブウェイは125Cc以下のバイクは通れません。

・八栗ケーブル
85番札所八栗寺のケーブルカー情報。バイクでも八栗寺付近までは行けるそうなのですが、道案内もでていなくわかりづらいです。

まとめ

dsc034901
お遍路さんを実際にしてみると、人それぞれ様々なことを感じると思います。

自分ととことん向き合う時間もありますし、接待を受けて人の暖かさを感じることもできます。

僕はこの原付バイクお遍路旅で得た一番のことは「人に感謝すること」の大切さを再認識できたことです。

僕がスマホでルートを確認していると、本当に見ず知らずの人が「○○寺なら向こうにあるよ!」と教えてくれたり、飴をくれたりするんです。

お遍路中だからこそ、本当にありがたく感じたんですよね。

 

でも、普段の日常生活においても意識していないだけで人に何かをしてもらうことってたくさんある思うんです。

料理を作ってもらったり、床屋で髪を切ってもらったり、モノを買うときにだって生産者やスーパーの人が汗水を垂らして働いてくれています。

そういう「当たり前だけどよくよく考えてみたらありがたいこと」に、お遍路旅をして、色んな人から親切にしてもらったことによって気づいていけました。

だから、そういう当たり前と化していることに対しても「ありがとう」と声をかけて感謝の気持ちを表していきたいなと、お遍路旅を通して思うようになりました。

「ありがとう」って言った方も言われた方も悪い気分にはなりませんからね( ´∀` )

 

多分、皆さんが原付にしろ車にしろ歩きにしろお遍路をすれば、何かしら得るものや感じることがあると思います。

それを僕みたいにブログに書いてもいいだろうし、手帳にメモしておいてもいいだろうし、とにかく「覚えておくこと」が大切ですよね。

その経験は一緒の宝物になると思いますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA