ゼロから始めるTOEIC700点&800点勉強法!新形式対応のおすすめ参考書・問題集はこれだ!

画像出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』TVCM Youtube

TOEICで700点取りたいんだけど、どうしたらいいの?

知り合いからそんな質問が多かったので、今回はTOEICで700~800点を取るための勉強法や参考書をまとめてみました。

 

TOEIC学習者全員がこれを読んで勉強を継続すれば、700点取得者が続出して、2chで「履歴書にTOEIC700点と書くのは恥だ」なんて書かれちゃうようになるかもしれません(´・ω・`)え?もう書かれてる??

文字数は1万字を超えているので、読むのがちょっと大変かもしれませんが、多分タメにはなると思うのでぜひ読んでみてください!

 

ちなみに僕のTOEIC学習におけるコンセプトは「努力なくして得点なし」なので、裏技的なのを期待している方は、そっとページを閉じた方がいいいかもしれません。

TOEICで700~800点を取るためのマインドセット

まず、TOEICで700~800点を取得したいなら、考え方を変える必要があります。

今、多くの方はこう思いながら勉強していると思います。

「700点なんて本当に取れるのかな?」

「勉強したらもしかしたら700点取れるかもな」

おい、ちょっと待て!そんな甘い考え今すぐ捨てちまえ!!

 

TOEICで700~800点を取ることは、英語が苦手な方でもできるんですよ!

僕も生まれつき英語が得意であったわけではありません。

中学校時代の英語の成績は、主要5科目の中で一番悪かったんです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-41

それが今ではTOEICで965点を取得できるまでになりました。

参考:TOEIC900点レベルの英語力!就活・転職には役立つのか?

 

TOEICって勉強すればするだけ得点が上がっていく、とても良いテストなんです!

だからTOEICで目標の点数を取得したいなら、こう考えるようにしてください。

「俺はTOEICで700点取れないはずがない!」

「絶対に700点取ってやる!!」

 

そこがスタート地点です。

「絶対目標の点数を取ってやるんだ」と今すぐ決意してください。

課題1 必要最低限の単語数を身につけろ!

TOEICで700~800点を取るために必要な単語数は6000~7000語程でしょう。

これは僕の感覚と、他のサイトを参考にして推測してみました。

単語数が必要数に届いていなくても、リスニングや文法などが得意であれば、足りていない単語数をカバーすることができます。

 

ただ、僕みたいに日本で生まれて、日本で育ってような日本人の場合、リスニングがスラスラ聞けたり、文法が感覚的に理解できるなんてことはあり得ないと思います。

なので、TOEICで700~800点を取得したいのなら最低限でも6000~7000語の英単語を身に着けるようにしましょう。

ちなみに目安として、中学校卒業時の単語数においての到達目標は1500~1600単語で、高校卒業時の到達目標は3000語です。

 

現時点で身に着けている単語数を確認したい方は、以下のWeblioのサービスを利用してみてください。無料でできます。

参考:Weblioの語彙診断テストを受ける

これを受ければ、自分の保有している単語数と、目標の単語数との差が見えてきます。

 

勉強を継続しながら、定期的に自分の単語数を確認していくと、その差が「目に見えて」縮まっていくので、モチベーションにも繋がります。

自分の単語数を定期的に確認しながら、6000~7000語の単語力を身に着けよう!

単語おすすめ参考書

ここでは6000~7000語の単語数をなるべく早く身に着けるための勉強法を紹介していきます。

まず僕がTOEIC学習者に第一におすすめしている単語帳は「究極の英単語」です。

Vol.1では1~3000単語、Vol.2では3001~6000単語を学習することができます。

これをまるまる2冊マスターすればその時点で、必要最低限の6000単語は確保できたことになります。

 

さらに、TOEICに出やすい単語を集めた「金のフレーズ」をマスターすれば完璧です!

この3冊をマスターすることができれば、700~800点取るためには、もう単語をが学習する必要はないでしょう。

 

800点や900点を目指す方は、究極の英単語のVol.3に挑戦してください。

詳しいことは下記の記事に書いています。

参考:TOEIC900点を取るための単語数は?おすすめの単語帳と勉強法!

単語の勉強方法

単語は1度に覚えようとせずに、3回以上にわけて覚えるようにしてください。

人間の脳って、一度覚えたことでも、翌日にはその74%を忘れているんです。

 

でも忘れかけたころに、その単語をもう一度覚えなおすことによって、記憶が強固になっていくんですよ。

筋トレでいう超回復みたいなものですね。

 

僕は大体3回くらい、覚える→忘れかける→覚えなおす、のサイクルを繰り返した時に、「記憶が定着したな!」と感じることが多いです。

たぶん、超絶頭が良い人を除いて、3回以上は最低でも必要なんじゃないか、と僕は思っています。

細かな勉強法としては、以下のように僕はやっています。

 

⓵単語帳を一冊読みながら、知っている単語を消す
単語帳を最初から最後まで読み通しながら、意味の分かる単語に✖かなんかをつけて、「これは勉強しなくてもいい」という単語を除外してください。
dsc039781

⓶1日100単語ほど学習してください。
1日目:1~100
2日目:101~200
3日目:201~300
といったような感じですね。

1日2回は最低でもその日分の単語に目を通すようにしてください。

そして、翌日の朝に、前日に学習した単語をさらーっと復習してから、本日分の100単語を覚えていきます。

前日に覚えた単語でどうしても覚えられなそうな単語は、スマホにメモっておいたり、紙に書き出しておいて、暇なときに眺めるのを習慣にしておきましょう。

イメージとしては以下の通りです。

1日目:1~100(最低でも2周)
2日目:1~100(覚えられていない単語を書き出し)→101~200(最低でも2周)
3日目:101~200(覚えられていない単語を書き出し)→201~300(最低でも2周)

 

⓷単語帳を1周したら2周目へ!
究極の英単語は、1冊の単語数が3000と多いので、1~1000まで終わったら、最初に戻ってもう一度1~1000を1日100単語ずつやる!といったように、単語帳自体を区切っちゃうのもおすすめの方法です。

最初は時間がかかって大変かもしれませんが、2周目、3周目と回数をこなしていくうちに、覚えている単語が増えていくので、スピードを上がっていきますよ!

これが僕が実践している単語勉強法です。

課題2 基礎的な文法をマスターしろ!

リスニングにしても、読解にしても、文法をわかっていなければ理解することはできません。

逆に課題1で紹介した単語数と、この文法力を身につければ、TOEICで700点を取るためのロードマップの70%まで到達したと言っても過言ではないでしょう。

それだけ、単語と文法は大切なんです。

 

では、どのくらいの文法力がTOEICで700~800点を取得するために必要なのでしょうか?

答えはシンプルです。

文法書1冊をマスターしてください。

 

TOEICで700~800点取るためには、基礎的な文法は全てマスターする必要があると僕は思っています。

大変なように感じるかもしれませんが、文法書に書いてある内容を「覚える」のではなく「理解する」だけでいいので、意外とできちゃいます。

ここで頑張って基礎的な文法をマスターしておけば、あとは問題を解きながら学んでいくだけで、TOEICで800点・900点を取得するための文法力は身に着くでしょう。

 

逆に基礎的な文法力がないまま、「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」などの薄っぺらい文法書にしか取り組まない人は、いくらたって目標点数まで届きません(基礎力のある人には、文法特急は超おすすめの参考書です!)。

文法学習においては裏技的な近道なんてありません。

 

とにかく徹底して総括的な反復練習をするのみです!!

おすすめの参考書・勉強法は下記で紹介していくので、そちらを参考にしてください。

基礎的な文法力をマスターするために、文法書1冊をまるまる理解しよう!

文法おすすめ参考書

まずはベースとなる英文法書を決めます。

この「一億人の英文法」は、前置詞のイメージ図があったりして、感覚的に英語を理解しやすいためおすすめします。

 

でも、一億人の英文法だけだと、ちょっと堅苦しいところもあるので、感覚的に理解しきれないところがでてきます。

なので、英文法をさらにかみ砕いて説明してくれる補助教材を使った方が速く英文法を理解できるようになります。

ちなみに僕は「ハートで感じるシリーズ」以上に、わかりやすい参考書はないと思っています。

僕はこの2冊を買いましたが、まずは最初にあげた一冊を試してみて、「自分に合っているな」と感じたら2冊目を買うといったようにすれば、失敗がないかなと思います。

このシリーズは画像の「すべてのingは躍動する」みたいな感じで、英文法を感覚として理解させてくれます。
dsc03996

なのでたとえば「She is singing」という英文を読むときに、「ingがついているから、この文章は進行形で、~しているって訳すんだよな」というような英語→日本語と訳すような考え方を卒業して、英語を英語のまま、つまり「She is singing」という文章を見たら、パッと日本語を介さずに「女性が歌っている」イメージが頭に浮かぶようになれるような、一助になります。

もちろん英語を英語のまま理解するためには、他にも重要な要素はあるのですが、僕の場合はこの「ハートで感じるシリーズ」のおかげで、感覚で理解できる英文を増やすことができました。

 

また、問題集を解くことによって学習した文法を記憶に定着させることができます。

これは大学受験用の英文法問題集なのですが、基本レベル~応用レベルまで網羅的に問題がだされています。

 

僕は大学時代にこれを使って勉強していたので、TOEIC用の文法勉強はそこまで時間をかける必要なく、965点を取得することができました。

文法問題はこれ1冊+パート別おすすめ参考書で紹介する問題集で十分だと思います。

文法の勉強方法

僕が一番おすすめする勉強方法は、上記で紹介した文法書で文法を感覚的に理解しつつ、文章をまるまる覚えちゃうことです。

こういう暗記用の文章が載っている参考書があって、僕はここに載っている540個の文章は大学受験時にすべて覚えていました。

それがあったからこそ、「英語を感覚的に理解する」つまり、英語→日本語と訳すことなく、英語を英語のまま理解できるようになってきました(難しい文章はまだ厳しいんですけどね)。

 

どういうことかというと例えば、「She is dancing」という文章を僕が覚えたとします。

覚えているのでこの文章を聞いた瞬間、僕の頭の中には、日本語で「彼女が踊っている」と聞くのと同じように、女性が踊っている姿が浮かぶようになるんですね。

「She=彼女、is=進行形、dancing=踊っている」といちいち日本語に訳す必要はなくなるんです。

 

そして、例えばdancingの部分がsingingになろうとも、sheの部分がheになろうとも、僕の頭の中では「人+is+~ing」という文章を訳す回路ができているんですね。

だから、文の中の単語が変わっても理解できます。

 

あと、今、英語学習者の中で流行っていて(むしろ定着している)、僕も実践している学習方法で「瞬間英作文」というものがあります。

これは「日本語の文章を英語に瞬時に訳す」という作業をとことん繰り返す勉強法なのですが、この瞬間英作文でも「英語をそのまま理解する」ための回路が頭の中にできていくので、文法を感覚的に理解するためにおすすめの勉強法です。

こんな感じで勉強していけば、「瞬時に理解できる文法」が増えていくので、文法問題はもちろん、読解にも役立ちますし、将来的には「英会話」もできるようになりますよ!

課題3 読解スピードを向上させろ!

実はTOEICの長文問題(PART6,PART7)はかなり簡単な問題が多いんです。

時間があれば、高得点を取れるという人も多くいるのではないでしょうか?

でも残念ながら、TOEICには時間制限があります。

 

700点以下の人で、TOEICの問題すべてを時間内に解ける人はほとんどいないと思います。

でも、TOEICで700~800点を取得したいのであれば、できれば全ての問題に解答したいところなんです。

 

そのための効率の良い方法は「読解スピードを向上させる」ことです。

なので基礎的な単語力と文法力を身に着けたら、とにかく文章を読みまくってください。

 

ちなみに、TOEICの点数を上げることだけを考えると、TOEICの問題文を読むのが一番良いんですけど、どうしても飽きちゃいますよね。

だから、簡単な小説などを読んでみてもいいかもしれません。

お金をかけたくない人は、ROCKET NEWS 24とかを暇なときに読むようにしてください。

日本にまつわるニュースが多くあるので、単語などは少しレベルが高いものがでてきますが、意外に読みやすいですよ!

基礎的な単語力・文法力を身に着けたらとにかく英文を多読しよう!

読解おすすめ参考書

まずは読解の参考書を1冊仕上げてください。

ポレポレは少しレベルが高めなので、基礎力がある程度ある人におすすめします。

そして、読解においてはひたすら文章を読むことが大切です。

文章を読み続けていれば、だんだんと理解できる英文が増えていきますし、スピードも上がっていきます。

 

なので、できれば飽きがこないような小説とかを読むのをおすすめします。

大学受験で有名な東進からでている多読シリーズは、オタク気質な僕もお世話になりました。

おもしろいですし、安いですしね。

読解勉強方法

英文解釈の参考書を1冊仕上げたあとは、とにかく英語を読むようにしてください!

今はネットを探せば、いくらでも無料で使える資料があります。

参考:ROCKET NEWS 24
参考:JAPAn REAL TIME

こういうサイトをブックマークしといて、電車の中や昼休憩の時間に眺めていくのをおすすめしますよ。

 

ROCKET NEWS 24の方はネタ記事が多いので、見ていて本当に飽きがきません!

JAPAN REAL TIMEは新聞のような文章なので、ビジネス英語を扱っているTOEICとの相性抜群です。

とにかくサイトや参考書はなんでもいいので、読みまくるようにしてください!

課題4 英語耳になれ!

TOEICで500~600点台の人で、「リスニングが苦手」っていう人が多いのではないでしょうか?

でも一回、リスニングで流れている音声のスクリプトを見ながら問題を解いてみてください。

結構簡単じゃないですか??

 

実は、リスニングででてくる英文は、シンプルなものが多いので、英語が聞けさえすれば解ける問題がほとんどなんです。

だから、TOEICで既に700~800点を取る人の多くが、リスニングパートの方が得点が高いんですよ!

 

リスニングはやればやるほど、理解できるようになっていきます。

勉強法は下記で説明していきますが、とにかく「英語を聞いている時間」を増やすようにしてください。

リスニングは得点が上がりやすい傾向があるので、「目標点数まであと少し得点が足りない!」というような方は、リスニングを優先して鍛えることをおすすめえします。

リスニングは得点源になると信じて、英語を聞きまくろう!

リスニングおすすめ参考書

まずは「発音」をある程度理解できるようになりましょう。

英語の文章は「#$&%$%&)’&%」といったように最初の方は全く聞き取れませんよねw

僕も実際そうでした。。

 

でも発音を意識するようにしてからは、だんだんと英語の音が聞けるようになってきたので、遠回りに思えるかもしれませんが、まずは発音から始めていきましょう。

ちなみに僕は下の参考書を実際に使ってみましたが、効果は感じられませんでした。

「聞くだけで」とかの参考書は全部が全部でないのかもしれませんが、正直要注意ですね。。

リスニング勉強方法

英語を丁寧に1字1字聞き取れるようになる訓練をしていきましょう。

「ディクテーション」といって英語で読まれている言葉を一言一句書き出すようにしてください。

何回も繰り返し聞き、「もう無理!」というところまで挑戦してください。

その後答え合わせをしたら、「シャドウィング」に移ります。

耳で聞いた英語を、すぐに自分の口から発声する勉強法です。

 

TOEICで高得点を取りたいなら模試とかのTOEIC教材で「ディクテーション」と「シャドウィング」をするのが一番の近道です。

課題5 TOEICの問題形式に慣れろ!

基礎的な英語力(=単語力、文法力、読解力、リスニング力)をバランスよく鍛えたなら、TOEICで700~800点を取るまであと一歩です!

あとは、TOEICの問題形式に慣れていくことで、解ける問題を増やしていきましょう。

ここからは模試を解いて解いて解きまくることが点数を上げるポイントです。

 

でも、その前に1つだけ注意しておいて欲しいことがあります。

それは、基礎的な英語力がないまま、TOEICに的を絞った勉強をしても得点は頭打ちになるということです。

ピラミッドをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。
dsc03995
絵が下手すぎてわからねぇよ!というツッコミのために、文章にもしておきます(笑)

⓵基礎的な英語力が十分にある方は、TOEICに慣れていなくても700点を取得できます。

⓶基礎的な英語力がちょっと足りていない人は、TOEICに慣れる(TOEIC力)ことで、足りない英語力を補うことができます。

⓷基礎的な英語力が圧倒的に足りていない人は、いくらTOEICに慣れたとしても、目標点数に届くことは一生ありません。

 

だから、なによりも大切なのは基礎的な英語力をつけることなんです。

今まで紹介してきた勉強法で「基礎的な英語力」をつけることをなによりも優先させてください。

TOEICの問題形式に慣れるためには?

まぁ基礎的な英語力が一番大切なんですけれども、短期的な得点を上げるためにはTOEICの問題形式に慣れる(TOEIC力をつける)ことも役に立ちます。

そして、TOEICの問題形式に慣れるためには、もう徹底的にTOEIC関連の問題集を解いていくしかないですね。

上記にあげたような方法で、基礎的な英語力がある程度身に着いたな、と思うようになったら1度公式問題集を解いてください。

そこで、得点率が低い苦手なパートが見つかると思うので、以下にあげるPART別おすすめ参考書で、苦手を潰してあげてください。

PART1・2対策おすすめ参考書

まずは究極のゼミをとことんやり抜いてください。

これを1冊やるだけで、PART1とPART2の問題形式にはそうとう慣れることができると思いますよ!

「あ、これと似た問題でるわー」って読者に思わせるような問題がたくさん収録されています。

難化対策とある通り、確かに難しい問題もあるのですが、新形式のTOEICはPART2が難しくなっているように思えるので、ちょうどいいのかもしれません。

TOEICで700~800点取るためには、PART1とPART2では特に高得点を取っておきたいところなので、きちんとシャドウィングなどの復習も行うようにしてくださいね!

ちなみにPART1とPART2で問題を迷うことなくスラスラ解けると、PART3以降で心に余裕ができるので、本番でも普段通りの実力が出せますよ!

そういう意味でも、この2つのパートは特に重点的に勉強しておきたいですね。

PART3・4対策おすすめ参考書

PART3とPART4は「先読み」が重要になってきます。

先読みとは、問題の音声が読み上げられる前に、その問題の「設問と選択肢」を読んでおくことです。

設問と選択肢を読んでおくことによって、その問題で「どのようなことが話されるのか」が事前にわかるので、リスニングもしやすくなりますよ。

なのでこの究極のゼミを解くときも、模試を解くときにも、しっかりと先読みを行いながら問題を解いていくことを意識するようにしましょう。

これは音声の速さが0.7倍、等倍、1.5倍、2倍、2.5倍と5段階あるので、ディクテーションやシャドウィングするときにおすすめです。

0.7倍で口を慣らしてから、等倍で英語の感覚を養う。

そして2倍や2.5倍を、常日頃から聞いておいて、速いスピードの音声に慣れておけば、本番のテストが本当にゆっくり聞こえるようになります!

PART5対策おすすめ参考書

PART5がTOEICの中で一番難しいと言っても過言ではないと思います。

なので、TOEICで700~800点まで取りたい方は、ある程度まで学習したら、PART5対策は一時お預けして、読解力やリスニング力をつける作業に移るようにしましょう。

800点以上目指す人は、頑張ってくださいw

たくさん問題解くようにしましょう。

以下が、700~800点を取りたい人におすすめの参考書になります。

PART5は、難しいですが対策をすればするほど得点が安定して取れるようになっていきます。

さらに、似たような問題が繰り返し出題されるので、文法特急シリーズなどの「あ、これ出た!」というような問題が集められている参考書を解きまくることは得点に直結します。

問題をとにかく大量に解きたいという方には以下の参考書も併せておすすめしておきます。

量も多いことに加え、問題の質も良いことで有名です。

また【課題1】でもおすすめしましたが。金のフレーズはマストだと思ってください!

結構役に立ちます。

PART6・7対策おすすめ参考書

新形式のTOEICは、以前のものと比べてPART6とPART7の文章量が増えていると言われています。

なのでとにかく速く読むことと、効率よく解いていくことが大切になります。

文章を速く読むためには、【課題3】で紹介した通り、英文を読みまくってください。

効率よく解くためには、問題にたくさん当たって、TOEICに慣れてください。

究極のゼミシリーズは問題も多いですし、解説も充実していることがおすすめのポイントです。

初学者の方でも、ある程度英語に関する知識があれば、理解することができるでしょう。

特急シリーズからも参考書が出ていますが、僕はあまりおすすめしません。

本屋さんで読んでそっと閉じましたw

TOEICおすすめ模試問題集

TOEICで一番効率よく点数を上げるためには、やっぱり模試を解くのが一番なんですよね。

色々模試はでていますが、まずは新形式に対応している公式問題集を解いてみることをおすすめします。

時間が十分にある方は、旧TOEICテストの公式問題集を解いてみてもいいかもしれません。

また旧形式ですが、メガ模試はコスパ最強の問題集です。

正直、旧形式だろうと新形式だろうと、問題の質自体はそこまで変わってはいないので、とにかく安く徹底的に問題集を解きまくりたいという方は、ぜひメガ模試に挑戦してみてください!

リーディングとリスニングに分かれていて、各10回分の模試が収録されています。

格は2つ合わせて5000円程で、模試1回分につき500円という最強コスパです!

僕はこの問題集を全部解いて、復習したおかげで、TOEICで高得点を取ることができました。

使える英語を身につけるには

英語を使ってコミュニケーションを取るためには、とにかく「英語を使うこと」が1番の近道です。

3か月以上の時間が取れるには、留学も1つの手段としておすすめしているのですが、社会人の方は特に留学は難しいと思います。

なので、オンライン英会話をしてみることをおすすめしますよ!

参考:僕が英語初心者にDMM英会話をあえておすすめしている3つの理由。

 

TOEICで700~800点を取るためには、その人のスタート地点にもよりますが、中には半年以上かかる人もいます。

だから、なんらかの形でモチベーションを維持しておかなくちゃ続かないんですよね。

その点、オンライン英会話を続けていると、実際に自分が英語を話せるようになっていくのがわかるので、「これからもっと頑張ろう!」というような気分にさせてくれます。

 

また、「瞬間英作文」も英語を話せるようになりたい人におすすめしています。

瞬間英作文を毎日継続することができれば、自分の脳内に「日本語→英語の翻訳回路」ができてくるので、英語でとっさの一言がでやすくなってきます。

実際に僕も、瞬間英作文をやっていて、最初の一言をパッと言えるようになってきたんですよね。

それで、最初の一言さえ話せれば、意外とあとは勢いでなんとかなっちゃうものなんです、英会話って。

 

あとは、日ごろからどれだけ英語に触れているかの勝負になってくるので、英語を使ってコミュニケーションを取っていくうちに成長していくでしょう。

英語をガチで話せるようになりたいなら「オンライン英会話」(無料体験もあるよ!)と「瞬間英作文」は最低限チャレンジしてみるべし。

900点台を目指す方へ

700点、800点を取得したら、そのまま900点も目指していきたい!という方も少なくないと思います。

そういう人は、今のうちに特に単語力や文法力などの基礎力を充実させておくようにしましょう。

 

正直、TOEICで900点ってそこまで英語ができる、ってわけじゃなくて、「基礎は完璧ですね!」くらいの位置づけなんですよね。

参考:TOEIC900点を取るための単語数は?おすすめの単語帳と勉強法!

 

それにも関わらず世間での評価は意外に高く、就活でも転職にも活きてくるので、是非今のうちに取得しちゃうことをおすすめします!

900点を目指す際も、「取れるかな?」ではなく、「絶対に900点取ってやる」という意気込みでチャレンジしてくださいね!

参考:TOEIC900点レベルの英語力!就活・転職には役立つのか?

まとめ

54831843802a2000354641480097c49f_m
厳しいことを言います。

700~800点を目指していようが、900点を目指していようが、「勉強を継続」できない人はTOEICで目標の点数を取得することは不可能です。

 

だからこそ、英語がどんな苦手な方でも、オンライン英会話とかをやりながらモチベーションを維持していくことを、僕はおすすめしています。

そうすればTOEICで高得点を目指せるだけでなくて、同時に「使える英語」を身に着けることができますしね!

 

他にもたとえば会社でに「昇給」を目指してとか、「転職」を目指してとか、モチベーションになる部分はなんだっていいんですよけどね。

とにかく「絶対にTOEICで700点を取ってやる」といったような気持ちを維持しながら勉強を続けてみてください!

 

そうすれば、必ず近いうちに目標を達成できうようになっていると思いますよ!

それでは、僕も英語学習頑張りますので、皆さんも頑張ってください

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA