独学1か月のみ!簿記3級に合格する勉強法とおすすめの参考書を紹介するよ!

みなさんは簿記に対してどのような印象を持っていますか?

「難しそう」「文系だから数字はちょっと。。」

僕も、こんな風に考えていた1人でした。

 

でも実際に勉強を進めていくと独学でも意外とできちゃうものなんですよ!

簿記1級とかは難しんだと思いますけど、僕が今回受験した3級は正直コツさえ掴めば問題もスラスラ解けちゃいます!

信じられないかもしれませんが、穴埋めパズルみたいで楽しいんですよ(笑)

 

今回は、僕が簿記3級を1か月の勉強だけで合格した方法をまとめてみました。

要領の良い人であれば、2週間で合格も全然行けちゃうと思いますよ!

簿記について

まず簿記の目的は「貸借対照表」と「損益計算書」を作成することにあります。

貸借対照表は、会社がどれだけお金を持っているのか、どれだけの借金があるのか、どのようにお金を使っているのかを表していて、損益計算書は会社がどれくらい儲かっているのかを表しています。

だから貸借対照表と損益計算書を見れば、その会社が今どのような状態にあるのかがわかっちゃうってことですね。

この成績表みたいなのを作成するのが簿記の目的なんです。

 

僕の場合は、将来何らかの形で独立して仕事をしていきたいなと思っているので、お金の在り方を把握しておくことは欠かせません。

というのが今回簿記を受けようと思った理由ですね。

もちろん会社員の方でも、取引先の財政状態がわかったり、転職する際に「この会社は安心かな?」ということを調べるための1つの指標になるので、簿記を知っていて損することは絶対にありませんよ!

試験について

簿記の試験は2種類あります。

日商簿記と全商簿記ですね。

それぞれの試験は主催者が異なっているうえ、難易度も違います。

一般的に日商簿記の方が難易度が高いとされています。

そのため、多くの企業も日商簿記の方が価値があるとみなしている節があります。

こだわりのない方は「日商簿記」を受けるようにしておけば無難です。

 

ちなみに日商簿記3級の試験日は年に3回あり、各年の6月・11月・2月に試験日があります。

詳しい試験日が知りたい方は以下の公式ページを参考にしてください。

参考:29年度試験日程カレンダー

日商簿記3級の合格点は70点以上です。

1か月で受かる日商簿記3級勉強法!

一般的に、簿記3級には50~100時間の勉強時間で合格できると言われています。

効率よく勉強すれば50時間で全然合格できると思いますが、今回は間をとって「簿記3級に独学で合格するには70時間の勉強時間が必要」としておきましょう。

1か月を30日とすると平日に約2時間、休日に3時間ほど勉強すれば目標時間に到達しますね。

このくらい勉強すれば受かるんだなということをイメージでしてもらえたと思います。

では、次に1か月を4週間に区切って、効率の良い勉強方法をおすすめしていきます。

1週間目 参考書を読みまくれの巻

まず最初の1週間でやることは、参考書を最低限3周読むということです。

1周目から覚えようとせずに、何度も読んでいくことによって頭に自然と擦り付けていきましょう。

使って欲しい参考書は「スッキリわかる 日商簿記3級 テキスト&問題集」です。

イラストも多く初学者でも勉強しやすいですよ!

流れをちょっとだけアドバイスしていきます。

●参考書1周目
簿記初学者の方は、呪文を読んでいるみたいに感じるでしょうw実際に僕は「なにこの外国語|д゚)」と思っていました。

でも、1周目の目的は簿記の内容を理解することでも、必要語句を暗記することでもありません。

「簿記3級の全体像を把握する」ことが目的です。

わからなくても途中で諦めることなく最後まで読んでください。流し読みでも結構です。

ここまで終われば「敵を知った」ことになります。

あとは、敵=簿記を理解していけば、おのずと攻略法が見えてきます。

 

●参考書2周目
今回は、「簿記の流れ」を理解するようにしてください。語句は無理に覚える必要はありません。

簿記は基本的に、「取引→仕訳→勘定→試算表→貸借対照表&損益計算書」という流れで進んでいきます。

特に「仕訳」の段階が重要で、ここができればあとは慣れてさえいけば、問題も自然と解けるようになります。

今自分は、簿記の流れの中でどの段階のところを勉強しているのかということ、また仕訳の項目を勉強するときには「なぜこの仕訳をする必要があるのか」を考えながら、参考書を読み進めてください。

 

●参考書3周目
語句を意識的に覚えるようにしてください。

参考書を2回読んだ時点で、簡単な語句や何度も出てくる語句は既に覚えていると思います。

なので、2周読んでも覚えられなかった語句を中心的に覚えるつもりで参考書を読み進めてください。

最低限3周読めば、簿記とはどういうものなのか、また自分の苦手な項目はどこなのかがわかるようになると思います。

時間がある方は4周、5周と1つの参考書を何度も読んで簿記のことを理解していきましょう。

2週間目 ネットで違う角度から簿記を知ろうの巻

基本的に1冊の参考書を何度も読んでいると飽きてきちゃいますよね。

それに、参考書内にどうしても理解できない箇所が出てくると思います。

たとえば僕は収益と費用の「見越と繰延」の項目が特に苦手で、参考書を読んでいるだけでは理解することができませんでした。

 

そんな時は、ネット上で無料で読めるサイトを探して、色んな説明を読んでみましょう。

苦手な項目でもきっと理解できる説明がされているサイトがあると思いますよ!

特におすすめなのは、以下のサイトたちです。

Study Pro
はじめての簿記3級

この他にも様々なサイトで簿記の解説がされています。

わからないところをピンポイントで検索してみてもいいでしょう。

僕の場合だったら「簿記 見越 繰延」とかで検索すると、色んな角度からこの項目について説明しているサイトを発見することができますよ!

 

ネットで調べれば2冊目の参考書を買わずに済むので節約になりますしね。

わからないところ・理解できないところを徹底的に潰しておきましょう!

3週間目 問題を解き始めようの巻

問題集を使って問題を解き始めましょう。

おすすめの問題集は「日商簿記3級網羅型完全予想問題集」です。

簿記3級ででるほとんどの問題パターンが掲載されているので、これをすべて理解したうえで不合格になったとしたらそれはめちゃくちゃ運が悪いか、計算間違いをしたかのどちらかでしょうね(笑)

最初は時間制限は無視して、全問解答するようにしましょう。

問題を解き続けるうちに自然と解答スピードはアップしていきます。

ただ最初は40点とかで合格点に届かない人が多いでしょう。実際に僕も40点くらいでした。

でも、問題を解き続けていくと段々と解けるようになっていくので安心してください。

2週間目までの努力で、簿記自体は理解できていると思うので、あとは問題形式に慣れればいいだけだからです。

 

問題は解き終わったら次の問題に進む!というやり方ではなくて、復習をしっかり行うようにしてください。

復習をしなければ、問題を解く意味がないというくらい復習が大切です。

自分がどこを間違えたのか、なぜ間違えたのかをしっかりと確認するようにしましょう。

4週間目 問題を解きまくろうの巻

時間制限を気にしつつ問題を解いていくようにしましょう。

問題集の問題をすべて終わらせてしまった方は、2周目にはいりましょう。

簿記3級は本番試験でも似たような問題が繰り返し出題されているので、問題集を解きまくればおのずと合格が見えてきます。

問題集の中でわからない問題は1つもない!という状態にできれば合格は目の前です。

 

ちなみに僕は、どの問題でも他人に解説できるようなレベルに持って行ったのですが、3周以上しました。

ただ完璧に理解している問題については×印をつけて、それ以上解かないようにしました。時間の無駄なので。

試験前数日の追い込み

自分の苦手な項目を徹底的に潰しましょう。

問題集の中で、何度やっても理解できないような問題もあると思います。

その場合は、知り合いに解法を聞いてみたり、知恵袋とかで質問してみましょう。

試験数日前からは、特に自分の苦手な場所に絞った勉強を心がけてください。

試験当日

頑張るのみです。

受験票はもちろん、時計と電卓、そしてペンだけは忘れないようにしましょうね!

試験は一定時間経過すると、解答用紙を提出して途中退出が認められます。

途中退出する場合も、しっかりと見直してを終えてからにしましょうね!

簿記3級で1番怖いのは計算ミスなので。

おすすめの電卓


僕のおすすめの電卓はCanonの「12桁電卓 HS-1220TUG」です。

価格も1400円台とお手頃なうえ、高機能なので簿記2級受験にも十分対応できます。

手をのせるとこのくらいのサイズ感になります。

また、少し傾斜がついているため、数字がめちゃくちゃ打ちやすいんです。

正直、簿記3級段階では試験時間にかなり余裕があるので、電卓の性能はそこまで求められていないかもしれません。

でも簿記2級を目指している方や、実生活でも電卓を使う方は、1台こういう高性能な電卓を持っておいて損はしませんよ!

まとめ

合格に必要な費用は、参考書「スッキリわかる 日商簿記3級」と「日商簿記3級 網羅型完全予想問題集」、電卓「Canon 12桁電卓 HS-1220TUG」で、合計3569円のみです!

これで一生モノの簿記3級という資格も手に入るし、仕事にも実生活でも役立つ簿記の知識もゲットできるんだから、かなりお得ですよね!

いつ始めるか迷っている方がいたら、僕は言ってやりますよ!

「今でしょ(/・ω・)/」

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA