僕がKindleで漫画を読む6つの理由。メリットとデメリットを改めて考えてみた。

僕は高校生とかの時は普通に単行本の漫画を読んでいました。

でも、今はKindleで読んでいることが多いです。

僕の場合は、Kindleに自然と移行していったんですけど、ここで改めてKindleで漫画を読むメリットとデメリットを考えてみました。

この記事を使い終わって思うことは、Kindleを使ってない方は今すぐ1回は使ってみてほしい!ということです。

節約にもなりますし、なによりラクチンなんですよ!

もっと節約したい!という方はレンタルサービスを活用してみてください。

参考:電子書籍vs宅配漫画!レンタルならどちらが安く漫画を読めるか調べてみたよ!

Kindleで漫画を読む5つのメリット

Kindleが便利だと思うから僕はKindleをメインに使うようになってきたんだと思います。

じゃあその便利なところってなに?と改めて考えてみたところ、主なメリットは以下の6つだなと自己完結しました。

たぶん、これからも僕はKindle中心に漫画ライフを送っていくでしょう(笑)

漫画を安く買える

たとえば、僕の好きな作品の1つの「ぼくらのフンカ祭」を買う場合。

Amazonで普通に単行本で買う場合は「802円」なのに対し、Kindleで買うと「540円」です(2017/1/9)。

Kindleで購入した方が262円も安いんですよね。

僕の場合漫画を買うことが多いのでこのちょっとした価格の差が、将来的にはかなりの額になっていると思います。ちりも積もれば山となっちゃうんです。

そしてKindleの場合「セール」が行われていることが多々あります。

まとめ買いをすれば50%OFFなんていう商品もあるんです!

普通の書店では、セールなんてほぼやってないですよね?

でもKindleだったらタイミングが合えば、かなりお得に漫画を読めちゃうんです。

僕はセール時に、普段自分が読まないような本を買うようになってから、自分の世界が広がっているような気がしています。

いつでもどこでも気軽に読める

カバンの中に漫画を入れるとしたら、3冊くらいが苦なく持ち運べる範囲じゃないでしょうか?

でもたとえば新幹線や飛行機に乗る場合は、3冊なんて簡単に読み終わっちゃいますよね。

さらに、家に帰るまで常に持ち運ばなくちゃいけないのはめちゃくちゃめんどくさいです!

でもKindleならタブレット端末もしくはスマホでも漫画を読めちゃいます。

漫画を100冊持ち歩いたとしても、データ容量が増えるだけで重さはKindle端末のみなんです!

これは1度体験するとなかなか元の生活には戻れませんよ。

沖縄にいても北海道にいても、Kindle対応端末を持っていれば、いつでもどこでも漫画を読めちゃうんです。

どんな本を買っても周囲にバレない

漫画を単行本で買うと、基本的に本棚に収納されることになりますよね?

でもそのなかには周りの人から「え?こんな漫画読んでるんだ・・・」と思われるような作品があると思います。

僕は実家住まいなので特に周りの目が気になります。

「Half&half」の単行本を持っているんですけど、正直本棚の奥の方にしまってあります。

表紙がセクシーなんですよねw

親にふと見られると、「うちの息子エロ漫画読んでやがる。。」と思われかねません(笑)

「いちご100%」とかも勘違いされやすい作品ですw

でもKindle本なら端末にデータで入っているだけなんで、端末さえのぞき見されなければ、僕がどんな本を読んでいるのか、周囲にバレる可能性は低いです。

BL作品とか好きな人にはピッタリかもしれませんね。

※「Half&half」「いちご100%」ともに純粋に良い漫画です!表紙や名前に怖気づくことなく、ぜひ読んでみましょう!

暗い所でも読める

端末が光を発しているので、暗い所でも読めちゃいます。

まぁ目が悪くなってしまうかもしれないので、あまりおすすめはしませんけどね!

ちなみに僕は冬の寒い日なんかは布団の中にくるまりながらKindleで漫画読んでますw

ダメ人間だな、とは自分でも思いますが、これがなかなか快適なんです。

あったかいですし、自分の世界に閉じこもれるので、漫画に集中することができますよ!

自堕落な生活をしたい方にはぜひおすすめします|д゚)

スペースを取らない

僕の家族はみんな漫画が好きなんですよね。

だから家が漫画で溢れかえっています。

僕が高校生の時には、ついに本棚スペースがなくなって、DIYで空中本棚を作るまでになっちゃいました。

でもKindle本が出始めてからは、主に漫画を購入していた僕と弟が、単行本を買わなくなったんですよね。

なので、家が漫画で埋め尽くされるのは、なんとか回避することができました。

漫画って思った以上に場所を取るんですよね。

コツコツ買っていたら、いつのまにかに本棚がいっぱいになっていた!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

だけど、Kindle本なら、生活空間に置く必要はありません。

データとして保存できるので、数千冊・数万冊の漫画を端末1つのスペースでOKです。

読みたい!と思った時に購入できる

ネットを見ていると、急に漫画の宣伝とかがでてきたりするんですよね。

それであらすじを見てると「読みたい!」という衝動に一気に駆られてしまいます。

でも僕の家から最短の書店までは徒歩10分。そのうえ品ぞろえは圧倒的に悪いし、深夜営業はやってません。

そこでKindleの出番です!

Kindleなら24時間どこにいても、ネット環境さえあれば漫画を購入、読んじゃうことができます。

読みたい!と思った時にいつでも読めちゃうのもKindleの良いところですね。

※買いすぎに注意してくださいね|д゚)

Kindleで漫画を読む2つのデメリット

Kindleで漫画を読み始めると、ちょっと不便だなと思うことがあります。

今回は、僕が感じるKindleのデメリットを紹介しておきます。

中古で売れない

Kindle本は中古市場がないんですよね。

だから1度買った本は、売ることができません。

ただ僕の場合は、漫画を売るのって置き場所に困ってきたときくらいなんですよね。

Kindle本の場合は置き場所がいらないので、売る必要性はあまり感じられません。

中古で売ったとしても、雀の涙程度の現金にしかなりませんしね。

本の質感が楽しめない

これは僕が、最初の方に結構困ったことです。

今までは紙をめくりながら漫画を読んでいたので、電子書籍を指でシュッてやってページを進めるのはなんだか気持ちが乗らなかったんですよね。

でも、これは何冊かkindle本を読んでいけば自然と慣れちゃいますよ!

漫画よりかも小説の方が、僕の場合は早く馴染めたので、不安な方はまずKindleで小説を読んでみるのもいいかもしれませんね。

Kindle漫画読むならFireタブレット!


僕はFireタブレット(8GB)を購入して、漫画を読むときに使っています。

もちろんKindleアプリをダウンロードすれば、スマホでも読めるのですが、Fireタブレットの方が画面も大きいですし読みやすいんですよね。

横読みもできます。

ちなみに通常料金は8980円ですが、アマゾンプライム会員であれば4980円で購入できます。

僕は漫画などの読書以外にも、動画も見たいしネットも使いたい!ってことでFireタブレットをおすすめしています。

でもペーパーホワイトでも、回線は遅いですがネット接続ができるので動画も見れるんです!

そして漫画用のペーパーホワイトもでてて、1日30分の使用で8週間使用できたり、文字が読みやすかったりと漫画を読むのにかなり適しているんです。

Amazonのレビューを見てもかなりの高評価が多かったので、漫画を読むためにタブレット端末を買いたい!という人は、ぜひ漫画用ペーパーホワイトを検討してみましょう。

まとめ

Kindleで漫画を読むことは改めて振り返ってみると、かなりのメリットがありました。

僕はこれからも何か新しいサービスが出てこない限りとりあえずはKindleをメインに漫画を読んでいくでしょう。

まだ試していない方はもったいないので是非試してみてくださいね!

きっと満足できると思いますよ(^^)/

1日で読めちゃう!5巻以内で完結する漫画をおすすめするよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA