海外旅行に欠かせないモバイルバッテリーは飛行機に持ち込めるの?

海外旅行に行く際には「モバイルバッテリー」は欠かせませんよね。

観光地に歩いて向かっている際にスマホの充電が切れたら迷子になっちゃいますし、おいしいレストランも探すことはできなくなってしまいます。

しかもスマホに加えて、海外で使えるレンタルWiFiなどなど電池を使用する製品を持ち歩く機会も増えるのが海外旅行です。

海外旅行にいまや欠かせなくなったモバイルバッテリーですが、飛行機への持ち込みは皆さんどうしていますか?

飛行機内ではスマホを使う機会が少ないからって、スーツケースに入れて預入荷物にしていたりしませんか?

ちょっと待ってください!実はそれ禁止されているんですよ!

モバイルバッテリーはなぜ飛行機への持ち込みが制限されるの?

正確に言うと、モバイルバッテリー自体の持ち込みができないのではなく、「リチウムイオン電池」の持ち込みが制限されています。

ほとんどのモバイルバッテリーにはこのリチウムイオン電池が使用されているため、飛行機への持ち込みが制限されちゃうんです。

なので、リチウムイオン電池が使用されていないモバイルバッテリー、たとえばニッケル水素電池が動力源のモバイルバッテリーなどは、飛行機に自由に持ち込むことができます。

 

でも市販されているほとんどのモバイルバッテリーはリチウムイオン電池が使用されているので、「モバイルバッテリー=持ち込み制限がある」と覚えておきましょう。

制限内容は後述します。

リチウムイオン電池とは?

リチウムイオン電池とは、その名の通りリチウムイオンが正極と負極の間を移動することで充電・放電することができる電池です。

他の種類の電池に比べて、「エネルギー密度が高い=軽量化できる」・「繰り返し充電・放電できる=長く使える」・「安い」という特徴があるため、常に持ち運ぶ必要のあるモバイルバッテリーに使用されているようです。

リチウム電池はこんなに危ない!

便利なリチウムイオン電池ですが、1つ問題を抱えています。

それは他の種類の電池と比べて「安全性が高くない」ということです。

リチウムイオン電池の爆発 劣化 損傷 発火 携帯
リチウムイオン電池は劣化や損傷によって爆発することがあるため、スマートフォンでも同じような激しい反応が起こり事故につながる可能性があります。

リチウムイオン電池の爆発 劣化 損傷 発火 携帯

上の動画のように激しい衝撃や温度の急激な変化によって、発火する可能性があるんです。

実際に飛行機内でモバイルバッテリーが発火した事件も2016年に発生しています。

参考→乗客のモバイルバッテリーから発火 羽田行きVエア機、桃園へ引き返し

 

状況によっては意外と危険なモバイルバッテリーですが、海外には持っていけるのでしょうか?

答えとしては「預入荷物の場合は持ち込み不可」、「機内持ち込み荷物の場合は制限付きで持ち込み可能」です。

以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

※リチウムイオン電池を使用しているモバイルバッテリーでも、普通に使っている分には突然爆発とかはほぼしないので安心してくださいね!

モバイルバッテリー持ち込み:預入荷物の場合


預入荷物とは、空港のカウンターで各航空会社に預かってもらって飛行機の荷物室に入れられて運ぶ荷物(スーツケースなど)のことです。

先ほども言及しましたが、この預入荷物には基本的にリチウムイオン電池を持ち込むことはできません。

預入荷物は飛行機の貨物室に入れられるのですが、ここは温度の変化も激しくリチウムイオン電池に負荷がかかるうえ、乗務員も監視していないため、火災が発生しても対応が遅れてしまうためです。

 

例外として、デジタルカメラ・スマホ・パソコンなどに➀内蔵されているリチウムイオン電池で、➁ワット時定格量が160Wh以下、そして➂本体に内蔵した状態での場合に限り、預入荷物にすることはできます。

リチウムイオン電池を使用したモバイルバッテリーはこの条件をもちろん満たしていないため、預入荷物としてスーツケースの中などに入れることは禁止されています。

もし預入荷物に入れていた場合、X線検査で発見されて係員の方に指摘されるか、時間がなかった場合は没収されてしまうので気を付けましょう。

モバイルバッテリー持ち込み:機内持ち込み荷物の場合


カバンやリュックなどの機内に自分で持ち込む荷物の場合は、リチウムイオン電池を制限付きで持ち込むことができます。

リチウムイオン電池は上記で説明した通り預入荷物に入れることはできないので、リチウムイオン電池を使用したモバイルバッテリーを海外旅行に持っていく場合は、実質この機内持ち込みだけが唯一の方法となります。

制限は以下の通りです。

  1. ワット時定格量100Wh以下のもの→機内持ち込みOK・預入荷物NG
  2. ワット時定格量100Whを超え160Wh以下のもの→1人当たり2個まで機内持ち込みOK・預入荷物NG
  3. ワット時定格量160Whを超えるもの→機内持ち込み・預入荷物ともにNG

リチウムイオン電池以外の種類の電池や携帯医療用電子機器についての情報を知りたい方は以下の資料を参考にしてください。

参考→機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例

ワット時定格量Whの容量はどうすればわかるの?

ところでワット時定格量というなんだか聞きなれない単語が出てきましたね。

実はほとんどのモバイルバッテリーが100wh以下で、100whを超えるモバイルバッテリーはかなり稀、160whを超えるモバイルバッテリーに限ってはおそらく市販では売っていない(売っていたとしてもサイズや価格の問題から買おうとは思わない)と思うので、実質僕たちが購入しているモバイルバッテリーはすべて機内持ち込みはできることになります。

2個以上モバイルバッテリーを海外旅行に持っていく人も珍しいと思うので、機内持ち込みの場合はモバイルバッテリーの持ち込みで注意を受ける心配をする必要はないでしょう。

一応、ワット時定格量Whの容量は以下の計算式で求めることができますので、心配な方は各自計算してみてください。

ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)

ワット時定格量Whの容量の計算式例

まぁほとんどのモバイルバッテリーは100wh以下なので実質心配する必要はないのですが、一応計算例を挙げておきます。

今回は僕も使用している大容量モバイルバッテリーの「cheero Power Plus 3 13400mAh」( 定格定量13400mAh、定格電圧3.6V)を例にします。

Amazonの売れ筋ランキングでも2位だったので、実際に使っている人も多いのではないでしょうか?

計算式は以下の通りです。

定格定量(13400mAh=13.4Ah) × 定格電圧(3.6V)=ワット時定格量(48.24Wh)

注意点としては、定格定量は基本的に計算式に必要な「Ah」ではなく「mAh」となっているので、Ahの数値を求めるために1000で割ることくらいですかね。

定格電圧とかはモバイルバッテリー本体に書かれています。

 

※ちなみにここまで計算しといてあれなんですけど、ワット時定格量がモバイルバッテリーの本体に書かれている場合も多いです。

実際に「cheero Power Plus 3」にも書いてありますし、僕の使っている「AUKEY」というメーカーのモバイルバッテリーにも書かれていました。

cheero Power Plus 3の場合

ちなみに僕が持っている中では、「maxell MPC-T3100」だけにワット時定格量が書いてありませんでした。

計算する前にモバイルバッテリーを見てみましょうw

おすすめのモバイルバッテリー

ここからは海外旅行に持っていく際にぴったりなモバイルバッテリーを5種類紹介していきます。

どれもおすすめなので、自分の旅行スタイルにあったモバイルバッテリーを探してみてくださいね!

ちなみにどれもワット時定格量は100Wh以下なので、機内持ち込みに制限はありませよ!

安定の名品! cheero Power Plus 3 13400mAh

実際に僕が普段使いでも使用しており、海外旅行にも毎回持っていくモバイルバッテリーです。

iPhone 5sを約5回も充電できてしまうという大容量タイプなのに、大きさはかなり小型に作られています。

また、USBの出力ポートが2つ付いているので、スマホを充電しながらレンタルWiFiルーターを同時に充電するといったことも可能です。

モバイルバッテリーをまず1台欲しいという方には、ぜひおすすすめしたい商品です!

大容量ならこれ! Anker PowerCore Speed 20000 QC

iPhone 7 / 6sを約7回も充電できてしまう超大容量のモバイルバッテリーです。

旅行中は基本的に外出している時間が長くなるので、相対的に室内にいてモバイルバッテリーを充電できる時間が短くなります。

でもこのモバイルバッテリーなら超大容量なので、短期間の旅行であれば充電しなおさなくても必要な電力は賄えるでしょう。

昼も夜も遊びまくるから、充電している暇なんてない!という方に特におすすめしたいモバイルバッテリーです。

スリムで軽い! MOCREO® 5000mAh LAVO-5000

海外旅行に徒歩での移動はつきもの。気づいていないだけで1日に2万歩ほど歩くことなんて余裕であるんです。

そんな徒歩移動の際に、荷物が重いと本当に不便ですよね。

だから特に女性の方は、モバイルバッテリーは軽いものにしたいところです。

この商品は重さが100gほどなので移動が多い日でも安心ですよ!iPhone 6を約2回受電することができます。

スリムなのに大容量! Thinny8800

スタイリッシュな薄いモバイルバッテリーが欲しい、でも容量も大きいモノが良い。。という方に特におすすめです。

この細さで8800mAhという大容量の商品はなかなか他にはありません。

カラーも豊富なので、自分らしさも演出することができますよ!

バッグの隙間に! Anker PowerCore+ mini

超小型で超軽量!バッグのちょっとした隙間にもスッと入れることのできるモバイルバッテリーです。

容量は3350mAhと大きくはありませんが、重量が約80gと半端じゃなく軽いことを考えると満足できます。

海外旅行中は、観光している時間も長くなるのでスマホでゲームとかをする時間が減りますしね。

このくらいの容量でも十分対応することができますよ!

まとめ

リチウムイオン電池を使用したモバイルバッテリーを預入荷物とすることは禁止されているので、海外旅行に行く際にはぜひ気を付けてくださいね!

このことさえ忘れなければ、モバイルバッテリーは海外旅行時に欠かせない便利アイテムとして使用できます。

ぜひぜひモバイルバッテリーとともに楽しい旅行を楽しんできてくださいね!

ではでは(^^)/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA